和装(きもの文化)のユネスコ無形文化遺産登録推進に向けたロゴマークの募集[賞金 10万円]

FavoriteLoading気になる公募リストに追加

この公募は締め切りを過ぎました。

概要

和装関係団体により構成され、日本の伝統的衣裳文化である「きもの文化」のユネスコ無形文化遺産登録を目指した取り組みを行っている「和装(きもの文化)ユネスコ登録推進・連絡協議会」(京都府京都市中京区)では、和装やきもの文化に対する理解を深め、広く取組を広報することを目的として、和装(きもの文化)のロゴマークを募集しています。

〈募集内容〉
「和装(きもの文化)」のユネスコ無形文化遺産登録推進に向けたロゴマーク。
和装(きもの文化)のイメージを親しみやすいデザインで表現したもの。

〈使用用途〉
「和装(きもの文化)」のユネスコ無形文化遺産登録推進に向けたすべての事業(ポスター・パンフレット・広告等)。

〈ユネスコ無形文化遺産とは〉
ユネスコにおいて審査が行われる世界遺産には、近年登録された「富岡製糸場と絹産業遺産群」(2013年)や「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」(2017年)のような文化遺産や、「小笠原諸島」(2011年)のような自然遺産といった有形遺産などのほか、「無形文化遺産保護条約」に基づく無形文化遺産があります。
無形文化遺産は、社会的慣習や祭礼行事、伝統工芸 技術など形のないものを対象としています。
日本では、これまでに、「歌舞伎」「能楽」「和食:日本人の伝統的な食文化 正月を例として」「和紙:日本の手漉和紙技術」「山・鉾・屋台行事」など21件が登録されています(2017年11月現在)。

※応募規約等の詳細についてはホームページなどをご確認ください。

賞の内容

最優秀賞(1点)…表彰状、賞金10万円

参加資格・応募規定

制限はありません。国籍・プロ・アマチュア・年齢を問わず、誰でも応募可能です。
※一人につき3作品まで応募可能(応募用紙1枚につき1点)。

応募方法

郵送、メール、持参にて応募。
※持参の場合の受付時間:平日午前9時〜午後5時まで。

締め切り

2018年2月15日(木) 必着

結果発表

2018年3月(予定)…採用者に直接連絡、公益財団法人京都和装産業振興財団のホームページ等にて発表。

注意事項

採用作品の著作権は、推進・連絡協議会に帰属。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

和装(きもの文化)ユネスコ登録推進・連絡協議会

FavoriteLoading気になる公募リストに追加

関連する公募情報

同じカテゴリの他の公募情報を見る

お知らせ

みんなが気になる公募

公募ラボ

公募研究室へ

公募ストックtwitter