第一回 四谷アートフェスティバル 作品募集[賞金 10万円]

FavoriteLoading気になる公募リストに追加

この公募は締め切りを過ぎました。

概要

四谷アートフェスティバル実行委員会(東京都新宿区 四谷ひろば内)では、四谷地域をテーマにした絵画・写真・立体作品の公募展「第一回 四谷アートフェスティバル」を開催、作品を募集中です。

〈主旨〉
東京都新宿区四谷地区は江戸時代から寺社仏閣などの文化財。史跡が豊富な文化のあふれる地域です。
しかし、一方近年都心の各地と同様に地域住民の少子化が進み、四谷地区の小中学校はそれぞれ統廃合され、中学校1、小学校3の現状にあります。
そんな中、およそ10年前には地域の拠点でもあった新宿区立四谷第四小学校の後校舎に「よつやひろば」が新たに誕生しました。
ひろばは広く地域住民に開かれた文化活動の拠点として展開してきました。
同ひろばは、地域住民が自主管理する「四谷ひろば」と、二つのNPO法人「市民の芸術活動推進委員会・芸術と遊び創造協会」の3団体の共同運営で成り立っております。
このたび、四谷ひろば(サロン・ドゥ・よつや)と市民の芸術活動推進委員会が共同で新たに、四谷地区の文化振興の一翼を担うべく、「アートフェスティバル」を展開することになりました。
アートは創造する主体のアーティストだけでなく、鑑賞者(地域住民)をも動員する、優れた創造的な文化活動です。アートが街中にあふれ、多くの参観者が訪れることを期待します。フェスティバルの名のごとく、新たな人々の交流によって賑わい、
地域が文化の花を咲かせ、文化の薫る風情が新たな町を創造していきます。

〈作品規格〉

・絵画
 - 10号~50号相当
 - 作品は額装して下さい(簡易額装も可。但し作品の制作意図を妨げる場合はこの限りではありません)。
 - ガラスは使用できません(アクリルは可)。
 - 壁面展示不能な作品、鑑賞者に危険を及ぼす恐れのある作品は受付できません。

・写真
 - 4切(254×305mm)以下。
 - パネル張りか簡易額装して下さい。

・版画
 - 10号~50号相当
 - 作品は額装して下さい(簡易額装も可。但し作品の制作意図を妨げる場合はこの限りではありません)。
 - ガラスは使用できません(アクリルは可)。
 - 壁面展示不能な作品、鑑賞者に危険を及ぼす恐れのある作品は受付できません。

・立体
 - 1000×500×500mm以内。

〈第一回 四谷アートフェスティバル 概要〉
会期:2018年4月1日~29日(日)
時間:am10:00~pm6:00 木曜日休館
会場:四谷3丁目ランプ坂ギャラリー(四谷ひろば内)と四谷地区商店

※応募規約等の詳細についてはホームページなどをご確認ください。

賞の内容

四谷賞…賞金 10万円
部門賞(絵画・写真・立体)…賞金 各3万円
※小学生・中学生・高校生に参加賞

参加資格・応募規定

誰でも応募可能(居住地等関係なし)。

応募方法

郵送、FAX、メールにて出品申込。
※出品料(1作品 3,000円・18歳未満は無料)が必要です。

締め切り

2018年3月1日(木) 当日消印有効

結果発表

応募者全員に、郵送にて審査結果を通知。

注意事項

詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:四谷アートフェスティバル実行委員会
共催:四谷ひろば、NPO法人市民の芸術活動推進委員会(CCAA)
後援:新宿区、四谷地区町会連合会、四谷地区商店会連合会、東京おもちゃ美術館
協賛:ぺんてる㈱・新日本造形㈱、(公財)美育文化協会、㈱世界堂、結城屋、魚の金駒、MATES、KINOSHITA、寺島ビル、丸正チェーン商事㈱、兵庫屋、懐石料理塚越、㈱錦松梅、㈱東京堂、加地修法律事務所、あたぼう鮨、さ行や龍川、㈱タウンハウス四谷三丁目、青柳耳鼻咽喉科、浅野屋そば店、㈱サンランドリー、のんきグループ、とんかつ鈴新、㈱ミヤウチ、㈲窪田家、㈱大阪屋商店

FavoriteLoading気になる公募リストに追加

関連する公募情報

同じカテゴリの他の公募情報を見る

お知らせ

みんなが気になる公募

公募ラボ

公募研究室へ

公募ストックtwitter