写真新世紀 2015年度 第38回公募/写真で何ができるだろう? 写真でしかできないことは何だろう?

締め切り日を過ぎています

概要

写真術の誕生から170余年。テクノロジーの進化によって、カメラの領域は、フィルムからデジタル、静止画から動画へと拡がってきました。
また、インターネットやスマートフォン、SNSなどの普及により、今や誰もが気軽に写真を撮り、コミュニケーションを楽しむ時代となりました。
写真を取り巻くこうした環境の変化を踏まえ、「写真新世紀」は、創設25周年を機に、オンラインでのデジタル作品(静止画・動画)の受付も開始します。

私たちは、静止画と動画はシームレスな関係にあり、両者の間にまだ見たことのない新しい写真表現が潜んでいるのではないかと期待しています。

次世代を予感させる新しい写真表現にチャレンジする皆さまのご応募を心よりお待ちしています。

※今年からオンラインによるデジタル作品(静止画・動画)の応募も受付いたします。

賞の内容

【グランプリ】1名(組) 【優秀賞】6名(組) 【佳作】18名(組)


【グランプリ】
奨励金100万円(優秀賞奨励金20万円を含む)
副賞 キヤノン製品
写真新世紀ホームページでの紹介
写真新世紀誌次号での紹介
写真新世紀展2016における個展開催の権利
優秀賞の全特典

【優秀賞】
奨励金20万円
写真新世紀展2015への出展
グランプリ選出公開審査会への参加
写真新世紀ホームページでの紹介
写真新世紀誌次号での紹介

【佳 作】
奨励金3万円
写真新世紀展2015への出展
写真新世紀誌次号での紹介
奨励金は、グランプリ発表後に指定の銀行口座にお振込します。

参加資格・応募規定

(目的)

写真新世紀は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノン株式会社が主催する公募形式のコンテストです。自由で独創的な写真表現を追求し、写真の持っている可能性を引き出すような創作活動を奨励します。


(応募資格)

国籍、年齢、性別、経験(プロ、アマチュア)は問いません。
個人またはグループでの応募が可能です。ただし、グループの場合はグループでの活動を今後も継続していくことが前提です。
16歳未満の方は、保護者の同意が必要です。応募された場合、保護者の同意があったものとみなします。
キヤノングループ関係者(従業員など)は応募できません。


(応募条件)

過去にコンテストなどで入賞あるいは入選したことのない、オリジナル作品に限ります。また、他のコンテストなどに応募し、または応募する予定の作品は応募できません。
第三者の権利(著作権、商標権、肖像権など)を侵害する作品は応募できません。応募作品に、第三者の著作物(美術品、映画、写真、音楽など)その他の権利が含まれる場合は、当該第三者から本応募について事前の承認を得ていることが必要です。
応募者1人または応募グループ1組につき1作品の応募とします。同一人物が個人とグループで重複して応募することはできません。
作品点数の制限はありません。但し、データ(静止画・動画)での作品応募はファイルサイズ・形式に制限があります。


※その他、作品規定などについてはホームページにてご確認ください。

応募方法

(応募受付期間)
2015年4月1日(水)〜 2015年6月3日(水) 最終日の23:59まで

(作品受付期間)
・郵送による応募…2015年4月1日(水)~ 2015年6月10日(水) ※最終日の郵便切手消印または宅配便受付有効
・オンラインによる応募 …2015年4月1日(水)10:00 ~ 2015年6月10日(水)23:59まで


(応募申込方法)
応募作品をご提出いただく前に、応募申込をしていただく必要があります。
応募申込は、応募申込期間内(4月1日(水)から 6月3日(水)※最終日は23:59まで)に、インターネットを介して写真新世紀ホームページにアクセスし、「応募申込」からご応募ください。


(郵送応募作品の送付先)
「写真新世紀」作品受付センター 日本通運株式会社
〒143-0006 東京都大田区平和島2-1-1 京浜トラックターミナル15号棟
電話: 03-3298-8611

締め切り

2015年06月03日(水)※応募受付の締め切りです。23:59まで。

結果発表

(受賞者の発表)

【優秀賞・佳作】
審査終了後、2015年7月末日までに直接受賞者に連絡するとともに、同年8月7日(金)までに写真新世紀ホームページ(canon.jp/scsa)にて発表します。また、発表後、優秀賞受賞者に対しては、写真新世紀展2015での展示を目的とした作品制作についてオリエンテーションを行う予定です。

【グランプリ】
グランプリ選出公開審査会後に行う表彰式において発表します。また、後日、写真新世紀ホームページ(canon.jp/scsa)で発表します。



*優秀賞・佳作は、2015年7月開催予定の優秀賞選出審査会において選出します。優秀賞選出審査会では、6名の審査員がそれぞれ優秀賞1名(組)・佳作3名(組)を選出します。従いまして、同一人物が複数の審査員から重複して優秀賞または佳作に選出される場合があります。

*グランプリは、2015年秋開催予定のグランプリ選出公開審査会において、審査員6名の合議により、優秀賞受賞者の中から1名(組)を選出します。

*優秀賞選出審査会に先立ち、キヤノンによる予備審査を行います。

*審査員(敬称略)

 フリッツ・ヒールスベルフ(オランダ写真美術館キュレーター)
 荒木 夏実(森美術館キュレーター)
 澤田 知子(アーティスト)
 さわ ひらき(美術家)
 清水 穣(写真評論家)
 野口 里佳(写真家)


注意事項

(応募作品の返却)

デジタル作品(静止画・動画)は返却いたしません。
郵送で応募された作品は、ご希望により、優秀賞選出審査会終了後、キヤノンの指定業者による「着払いの宅配便」にて、応募申込時にご提出いただいた住所宛(但し、配送先は日本国内に限ります。海外からの応募作品の海外への返却はいたしません。)に 2015年8月中までに順次発送いたします。 返却作品の受け取り時に、応募者のご負担で宅配便料金をお支払いください。
2015年7月から 同年8月中旬までの期間に長期不在のご予定のある方、住所変更のご予定のある方は、予めキヤノン(写真新世紀事務局)にご連絡ください。宛先不明等によりキヤノンに返送されてしまった作品については、2015年9月末日までにご連絡いただけない場合、キヤノンが廃棄いたします。
また、郵送で応募された作品の返却不要の方は、応募申込時に「返却不要」をご指定ください。この場合は、キヤノンが応募作品を廃棄いたします。

主催・お問い合わせ先

キヤノン株式会社
本社:東京都大田区下丸子3丁目30番2号
代表電話:(03)3758-2111
お問い合わせフォーム
Screenshot of web.canon.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る