全国くにうみ漫画ワールドカップ[賞金 50万円]

締め切り日を過ぎています

概要

全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会()では、「全国くにうみ漫画ワールドカップ」を開催、作品を募集中です。

〈応募作品「淡路島日本遺産部門」〉
・テーマ(1):(総合大賞部門)古事記冒頭の「国生み神話」の物語をはじめ、「海の民」「海人(あま)」「御食国」など、日本遺産である「国生みの島・淡路」のストーリー及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。
・テーマ(2):(はじまりの島部門)淡路島日本遺産の魅力を伝える「淡路島RPG『はじまりの島』」(本年度スタート)の内容及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。
・内容:「1枚イラスト」「1コママンガ」、「4コママンガ(5P程度)」、「ストーリーマンガ(4~24P推奨)」「紙芝居(表に絵、裏に文字を記載)4~12P推奨」などのジャンルは問わない。

〈応募作品「記紀・万葉集部門」〉
・テーマ:「古事記」・「日本書紀」及び「万葉集」の内容に関連する、全国各地の地域伝承、伝説、言い伝え等及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。
・内容:「1枚イラスト」「1コママンガ」、「4コママンガ(5P程度)」、「ストーリーマンガ(4~24P推奨)」「紙芝居(表に絵、裏に文字を記載)4~12P推奨」などのジャンルは問わない。

〈応募部門〉
「中学生以下の部」「高校生以上の部」

〈原稿規定等〉
・台詞及びタイトルは日本語(注:英語版では「英語」)とすること。
・作品はカラー、モノクロを問わない(カラー、モノクロ混在可)。
・原稿部分のサイズは横180mm×縦270mm断ち切りは自由とする。
・表裏の両面に書いた作品は認められない。
・データ形式はjpeg形式、png形式のいずれかとする。
※解像度は、モノクロの場合は600dpi以上、カラーの場合は350dpi以上とすること。
その他

〈審査委員〉
里中 満智子(マンガ家/大阪芸術大学教授・キャラクター造形学科長)
中村 伊知哉(慶應義塾大学教授)
堀井 雄二(ゲームデザイナー/洲本市名誉市民)
吉村 和真(京都精華大学副学長)
※このほか、淡路島日本遺産委員会代表も審査に参加

〈くにうみとは?〉
国生みの島・淡路。ここは伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が天沼矛(あめのぬぼこ)で下界をかき回し、日本で最初に生まれた特別な島です。
日本で最古の歴史書『古事記』の冒頭を飾る「国生み神話」。そこには、伊弉諾尊・伊弉冉尊の二柱の神様が生まれたばかりの混沌とした大地を天沼矛で「塩コオロコオロ」とかき回すと、矛先から滴り落ちた塩の雫が固まって「おのころ島」ができたと記されています。
おのころ島で夫婦となった伊弉諾尊・伊弉冉尊は、日本列島の島を次々と生んでいきます。その中で最初に生まれた島が淡路島です。
二柱の神様が沼矛で下界をかき回し、落ちた塩の雫からおのころ島が生まれた描写は、「海人(あま)」が生業とした塩づくりの様子に重なります。また、沼矛でかき回すことによって下界が渦巻くさまを記した場面は、海人が活躍した鳴門海峡の巨大な渦潮を想像させます。
現在も鳴門海峡では世界最大級の渦が巻き、島の内外には絵島や沼島、自凝島(おのころじま)神社などおのころ島の伝承地がいくつも点在します。
また、国生み神話ゆかりの「えびす舞」を起源とする淡路人形浄瑠璃も地元の淡路人形座によって大切に伝承されてきました。
古事記編纂から千三百年の時を経て、脈々と受け継がれてきた壮大な天地創造の物語。淡路島は今も、国生み神話を始まりとする悠久の時を刻み続けています。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

〈淡路島日本遺産部門・総合大賞部門〉
総合大賞・淡路島日本遺産部門総合大賞(1作品)…トロフィー、賞状、賞金 50万円
優秀賞(中学生以下の部・2作品)…賞状、商品券 1万円分
優秀賞(高校生以上の部・2作品)…賞状、賞金 5万円
奨励賞(中学生以下の部・2作品)…賞状、商品券 5,000円分
奨励賞(高校生以上の部・2作品)…賞状、賞金 3万円
ほか

応募方法

メール、郵送にて応募。

締め切り

2019年11月30日(土)必着

結果発表

令和2年3月頃(目途)。

注意事項

詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会
お問い合わせ先:全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会事務局(Tel:050-3684-4245)
Screenshot of kuniumi-mangaworldcup.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る