きもの

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(7月期)[金賞 賞金5万円]

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(7月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(6月期)[金賞 賞金5万円]

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(6月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(5月期)[金賞 賞金5万円]

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(5月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」(4月期)[金賞 賞金5万円]

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」(4月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」(3月期)[金賞 賞金5万円]

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」(3月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」

【毎月開催!】NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議│総額100万円!「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」(2月期)[金賞 賞金5万円]

NPO法人 きものを世界遺産にするための全国会議(東京都中央区)では、「きものを世界遺産へ“きものdeペアフォト”コンテスト2022」を開催、作品を募集中です。国内在住の方であればプロ・アマ・年齢問わず、誰でも応募が可能です。応募は2022年12月31日(日 ※最終の締切日)まで。

和装(きもの文化)のユネスコ無形文化遺産登録推進に向けたロゴマークの募集[賞金 10万円]

和装関係団体により構成され、日本の伝統的衣裳文化である「きもの文化」のユネスコ無形文化遺産登録を目指した取り組みを行っている「和装(きもの文化)ユネスコ登録推進・連絡協議会」(京都府京都市中京区)では、和装やきもの文化に対する理解を深め、広く取組を広報することを目的として、和装(きもの文化)のロゴマークを募集しています。