2020アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA[奨励金 50万円]

概要

アジアデジタルアート大賞展実行委員会(福岡県福岡市)では、「2020アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA」を開催、作品を募集中です。
プロ・アマ・年齢・居住地・国籍問わず、誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
『アジアデジタルアート大賞展FUKUOKA』は九州大学が中心となって、北部九州からデジタルコンテンツの創造を担う高度な技能と豊かな感性を持つクリエータの発掘・育成の場として2001年にスタートしました。このコンペティションは、高度なメディアテクノロジーを背景に論理的な思考と芸術的感性との融合を標榜し、さらにアジアの文化、風土に深く根差した世界レベルのメディアアート作品の公募展です。

〈募集部門〉
・一般カテゴリー:優れた技能と高い芸術性を持つプロフェッショナルクリエータを目指す方々を対象とします。法人、学生の方もご応募頂けます。
静止画部門/動画部門/インタラクティブアート部門/エンターテインメント(産業応用)部門

・学生カテゴリー:デジタルアートに興味のある、スキルアップを図る学生のためのエントリーコースです。高校生以下の方の作品も募集します。サークルなどグループによる応募も可能です。
静止画部門/動画部門/インタラクティブアート部門/エンターテインメント(産業応用)部門

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

アジアデジタルアート大賞…福岡県知事賞を授与、公益財団法人 柿原科学技術研究財団から奨励金50万円を授与
ほか各賞

応募方法

主催者ホームページの応募フォームにて応募者アカウントを登録の上、作者、作品情報を登録。

締め切り

2020年10月11日(日)23:59(日本時間)まで

注意事項

応募作品・入賞作品の著作権は応募者に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

アジアデジタルアート大賞展実行委員会
Screenshot of adaa.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る