特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会 / 第2回 フェーズフリー住宅デザインコンペ 2018[賞金 10万円]

締め切り日を過ぎています

概要

特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会(東京都文京区)では、「第2回 フェーズフリー住宅デザインコンペ 2018」を開催、作品を募集しています。

〈主催者からのご案内〉
本コンペティションは、新しい概念である「フェーズフリー」を切り口に、家の在り方や本当の意味での安心安全とは何かということを改めて考え、普段の暮らしがより豊かで快適、かつ災害の際にも役に立つ住まいの提案を募集します。
〈部門1〉では、設計・デザイン活動を行っている方や、それらを専攻している学生の方を対象にフェーズフリー住宅提案を募集し、〈部門2〉ではインテリア・エクステリア・プロダクト・システムなど、住まいに関わるフェーズフリーな提案を広く募集します。

〈テーマ〉
いつもの暮らしを、もしもの支えに。
「平常時」でも「災害時」でも安心して暮らせる住まい。

〈審査基準〉
テーマに合った提案であるかを、「フェ-ズフリー性」「独自性」「先進性」「実現可能性」「地域性」を考慮し、総合的に判断。

〈フェーズフリー(Phasefree)とは〉
平常時や災害時などの社会の状態に関わらず、いずれの状況下に於いても、適切な生活の質を確保する上で支障となる物理的な障害や、精神的な障壁を取り除くための施策およびそれを実現する概念です。

〈審査員〉
三井所清典(建築設計)、目黒公郎(防災工学)、松崎元(人間工学)
フェーズフリー建築協会理事・フェーズフリー総合研究所

※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

〈部門1〉
三井所清典賞(1点)…賞金 10万円
目黒 公郎賞(1点)…賞金 10万円
松崎 元賞(1点)…賞金 10万円
フェーズフリー建築協会賞(1点)…賞金 10万円

〈部門2〉
賞金総額 10万円

参加資格・応募規定

〈部門1〉
設計・デザイン活動を行っている方や、それらを専攻している学生。

〈部門2〉
広く募集(プロ・アマ問わず、誰でも応募可能。)。

応募方法

ホームページの応募フォームより登録受付ののち、作品を郵送にて受付。持参不可。

締め切り

2018年03月11日(日)登録の締切日。作品受付期間は4月14日(土)まで(当日消印有効)。

結果発表

2018年7月12日(木)。

注意事項

応募作品に含まれる発明、考案、意匠の創作、著作物等に関する知的財産権は、応募者に帰属。ただし、応募作品を展示、出版、広告、ホームページへの掲載、その他の広報活動に二次使用する優先的権利は主催者が有するものとし、この場合の使用料は無償となります。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催・お問い合わせ先:特定非営利活動法人フェーズフリー建築協会
後援:公益社団法人 日本建築士会連合会、公益社団法人 日本建築家協会、公益社団法人 国際観光施設協会、一般社団法人 東京建築士会
協賛:帝人フロンティア株式会社、旭化成建材株式会社、スペラディウス株式会社、物林株式会社
応援:富士環境システム 株式会社、小泉機器工業 株式会社、ときがわ木材有限会社、有限会社 笹森工務店、有限会社 当麻工務店・
Screenshot of phasefree-a.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る