第30回 全日本アートサロン絵画大賞展[賞金 30万円]

概要

全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会(大阪市)、産経新聞社では「第30回アートサロン絵画大賞展」を開催、8月13日(木)より作品募集を開始します。
初心者からベテランまで、絵が好きな方なら誰でも応募が可能です。
※応募開始・応募フォームの開設は2020年8月13日(木)からとなります。

〈部門について〉
・自由表現部門…自由表現を中心とした抽象作品
・写実表現部門…風景・人物・静物等の具象作品
※上記2部門に分けて募集、審査します。
※出品者自身で部門を選択の上、ご応募ください。

〈作品について〉
・テーマは自由。平面絵画を対象とします。
※コンピュータグラフィックスは対象外。油彩画、水彩画、クレパス画、パステル画、アクリル画、版画、日本画、水墨画、ミクストメディア(本展では複数種類の画材による作品を指す)などが対象です。
・一人2点以内(部門の組み合わせは自由)。
・過去に公募展やコンクールで発表されたもの、あるいは他人の作品を模写したものは受け付けません。

〈サイズについて〉
・外寸(額縁、マットを含む):79cm×67cm以内
[目安]
・キャンバスを使用した場合=F20号(72.7cm×60.6cm)
・紙を使用した場合=B2サイズ(51.5cm×72.8cm)
※絵のサイズが上記の場合でも、マット、額を含めたサイズが79cm×67cmより大きくなると規格外となり、受付する事ができませんのでご注意ください。
※タテ長の作品でも可。
・厚み:4cm以内(2点合計で8cm以内)
※返却用梱包材「アートボックス20」(厚み8.5cm)に2点入るサイズが基準です。2点応募の場合、1点の厚みが5cm、もう1点が3cmの作品2点(合計の厚み8cm)でも受け付けます。1点応募の場合は、厚み8cmまで受け付けます。

【小作品サイズ】
F4号(33.3cm×24.2cm)以内の作品は、特別賞「小作品賞」の対象作品としてもお申込みいただけます。

その他

〈審査員・自由表現部門〉
篠 雅廣(大阪市立美術館館長)、日比野 克彦(アーティスト・東京藝術大学教授)、山本 容子(銅版画家)

〈審査員・写実表現部門〉
岸 ユキ(女優、二科会会友)、絹谷 幸二(画家・日本藝術院会員)、山本 文彦(画家・日本藝術院会員)

※応募開始・応募フォームの開設は2020年8月13日(木)からとなります。
※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

文部科学大臣賞(写実表現部門のみ・1点)…賞金 30万円、賞状、副賞(ターレンス高級油絵具セット)、招待券 20枚
大賞(各部門1点)…賞金 30万円、賞状、副賞(ターレンス高級油絵具セット)、招待券20枚
特別賞・東京都知事賞(自由表現部門のみ・1点)、大阪府知事賞、サクラクレパス賞、ターレンスジャパン賞、産経新聞社賞、小作品賞(部門ごとに各1点)…賞金 5万円、賞状、副賞(ターレンス高級油絵具セット)、招待券20枚
※小作品賞はF4号以下の作品を対象とした特別賞です。
その他

参加資格・応募規定

日本国内在住の方(年齢等資格は不問。グループでの応募は不可)。
※応募は一人各部門2点以内。

応募方法

WEB、FAX、ハガキのいずれかの方法で事前応募をお申し込みの上、出品書類と、出品審査料の払込取扱票を入手のこと。
※応募開始・応募フォームの開設は2020年8月13日(木)からとなります。
※作品の搬入日時・方法などについては主催者ホームページをご確認ください。
※出品審査料(1点:13,640円、2点:18,780円/消費税、払込手数料・返送料込み)が必要です。

締め切り

2020年10月16日(金)ハガキの場合は必着のこと。※大阪会場直接搬入の方は10月23日(金)まで

結果発表

2020年12月下旬から1月中旬までに全応募者に直接封書で通知。また2021年1月下旬の産経新聞紙上に掲載予定。

注意事項

文部科学大臣賞および大賞受賞作品については、所有権は受賞者に帰属しますが、著作権は主催者に帰属するものとします。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:全日本アートサロン絵画大賞展実行委員会、産経新聞社
お問い合わせ先:「全日本アートサロン絵画大賞展」事務局、株式会社サクラクレパス
応募方法に関するお問い合わせ先:ヤマトロジスティクス株式会社 東京美術品公募展支店「全日本アートサロン絵画大賞展」係
Screenshot of art-salon.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る