大地の芸術祭 2018 展覧会「2018年の〈方丈記私記〉」作品公募

締め切り日を過ぎています




概要

大地の芸術祭実行委員会(新潟県十日町市、津南町)では、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」における展覧会「2018年の〈方丈記私記〉」の展示作品を公募中です。

〈主催者からのご案内〉
2018年7月末〜9月中旬に開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018」(第7回展)では、メイン施設である越後妻有里山現代美術館[キナーレ]にて、展覧会「2018年の〈方丈記私記〉」を開催します。
本展は、「キナーレ」から今秋開館予定の「越後妻有文化ホール」を範囲とした十日町市中心市街地エリアにおける回遊性の強化をはかり、市街地の賑わいを創出するために展開する中心市街地作品群の「発想の起点」となる展覧会です。
本展覧会に特定した作品を追加募集いたします。

〈募集内容〉
越後妻有里山現代美術館[キナーレ]にて、展覧会「2018年の方丈記私記」における作品。

〈応募対象〉
本展の趣旨、芸術祭の背景・道のりを理解したうえで、提案されたもの。
また、次のいずれかに該当するものは募集対象外となります。
・雑誌等に発表されたもの。
・コンペ等の応募作品(公開、指名、入選、落選 不問)。

〈作品仕様〉
・組立式、移動式。
・奥行2730mm × 幅2730mm × 高さ2730mm以内。
※素材等の条件は特にありませんが、芸術祭期間中、屋外展示に耐えうる作品としてください。

〈審査員〉
原広司(建築家)、西沢立衛(建築家)、北川フラム(大地の芸術祭 総合ディレクター)

※応募規約等の詳細についてはホームページなどをご確認ください。


〈説明会〉
日程:2017年11月18日(土)
時間:17時開始 18時終了
場所:渋谷ヒカリエ 3F 東側デッキ(〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1)
参加費:無料
予約:不要

賞の内容

〈入選点数〉
30-40点程度

〈賞〉
・大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2018 「2018 年の〈方丈記私記〉」への参加。
・制作費補助(150万円を目安とした金額)
※最終的な予算は、提案書、採用決定後の見積の提出等を経て決定。
※制作費補助は、搬出入費・交通費・宿泊費など、制作に必要なすべての費用が含まれます。

参加資格・応募規定

・大地の芸術祭の趣旨を理解している方(参考資料記載)。
・提案内容により、期間中、一定期間の滞在が可能な方。
※応募者1組につき3プランまで。

応募方法

郵送にて応募。
※出品料(1プランにつき1,000円)が必要です。

締め切り

2017年12月25日(月)17:00 必着

結果発表

2017年11月18日(土)…説明会
2017年11月22日(水)…質疑締切り
2017年11月27日(月)…質疑回答予定
2017年12月20日(水)〜12月25日(月)…提出期間
2018年1月15日(月)…審査発表(予定)
2018年7月29日(日)〜9月17日(月・祝)…展覧会開催期間

注意事項

プランの著作権は応募者に帰属、採用作品の所有権は原則として主催者に帰属。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:大地の芸術祭実行委員会
お問い合せ先:大地の芸術祭 実行委員会事務局「2018年の方丈記私記」係
http://www.echigo-tsumari.jp/news/2017/10/news_20171003_011

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>