[全国公募]FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)作品募集[グランプリ副賞 300万円]

概要

SOMPO美術館(東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館:東京都新宿区)、読売新聞社では、「全国公募展 FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)」を開催、2020年9月14日より作品募集を開始します。
日本国内で手続き・発送・返却できる方であれば、年齢・国籍不問です。

〈趣旨〉
第9回目となる公募コンクール「FACE 2021」では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。
グランプリ受賞作品は当館で収蔵し、次回のFACE展開催時に展示され、各回のグランプリ、優秀賞の受賞作家4名には、3年毎に開催予定の12名グループ展『絵画ゆくえ』にご出品いただきます。「新進作家の登竜門」となるべく、本美術賞では、時代の感覚を捉えた輝く作品のご出品を期待いたします。

〈出品規定〉
・油彩、アクリル、岩絵具、水彩、版画、染色、写真、ミクストメディアなどの平面作品。
・出品時からさかのぼって1年以内に制作された作品で、公募展などで未発表の作品1点。
・壁かけ可能作品で、作品は200x170cm以内、厚さ10cm以内。重量は30Kg程度まで。
・規格目安:F(M.P)で130号以下、Sで100号以下。

〈展覧会〉
会期:2021年2月13日(土)から3月7日(日)10:00から18:00(入館は17:30まで・月曜日休館・祝休日除く)
会場:SOMPO美術館(〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1)

※作品募集は2020年9月14日(月)よりとなります。
※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。募集要項はこちら

賞の内容

グランプリ(1点)…副賞 300万円
優秀賞(3点)…副賞 50万円
読売新聞社賞(1点)…副賞 30万円
審査員特別賞(4点)…副賞 10万円
オーディエンス賞(数点)…副賞 3万円
※グランプリ受賞作品は損保ジャパン日本興亜美術館にて収蔵。

参加資格・応募規定

日本国内で手続き・発送・返却できる方であれば、年齢・国籍不問。
※出品点数は一人1点まで。

応募方法

ホームページの応募フォーム、FAX、郵送にて出品書類を請求の上、応募申し込み。
※作品募集は2020年9月14日(月)よりとなります。
※出品料(7,000円)が必要です。
※25歳以下(1995年4月1日以降に生まれた方)は無料(年齢を確認できる証明書等のコピーを提出のこと)。

締め切り

2020年10月18日(日)応募申し込みの締切日。作品搬入は10月26日(月)開始

結果発表

2020年11月20日(金)…本人宛に郵送通知。また公募展WEB個人ページ上で入選者名を公表。

注意事項

詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社
お問い合わせ先:ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(TEL:0120-223-529・10:00〜17:00・平日のみ)



同じカテゴリの他の公募情報を見る