土佐和紙国際化実行委員会 / 第11回 高知国際版画トリエンナーレ展[大賞賞金 100万円]

締め切り日を過ぎています

概要

土佐和紙国際化実行委員会(高知県吾川郡・いの町紙の博物館)では、「第11回 高知国際版画トリエンナーレ展」を開催、作品を募集中です。
プロ・アマ・年齢・国籍・居住地問わず、誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
高知県では世界に誇る高品質の和紙「土佐和紙」が生産されています。
日常生活で使用されるものから、版画、水墨画、日本画および修復等、芸術分野における専門品として活用されるものまで、多くの皆さまの手にわたり、素材としての文化を創造しています。
この「土佐和紙」の産地より、和紙文化と版画文化のさらなる発展を願い、人々と文化の国際交流の場を作ることを目的として、世界に向けて開かれた展覧会の開催を企画いたしました。それが高知国際版画トリエンナーレ展です。
30年目となる第11回展の開催を迎える本展は、日本で最も歴史のある、世界でも有数の国際公募版画展です。
いの町紙の博物館を会場とし、和紙の産地いの町から世界に向けて情報を発信します。
令和初の本展に、力作のご出品をお待ちしています。

〈応募規定〉
・紙に刷った版画作品に限る。
・大きさ(紙サイズ)は最大100×100cm以内。
・2018年以降に制作された未発表の作品に限る。
・応募点数は一人3点以内で出品料は3点以内9000円。
ただし、国外からの応募者は無料。

〈第11回 高知国際版画トリエンナーレ展・概要〉
作品応募:2020年4月1日(水)〜4月30日(木)
展覧会期:2020年10月10日(土)〜12月6日(日)
展覧会場:いの町紙の博物館(高知県吾川郡いの町幸町110-1)

〈審査員〉
三木 哲夫(兵庫陶芸美術館館長)
佐川美智子(美術史家・前町田市立国際版画美術館副館長)
中井 康之(国立国際美術館副館長)

※出品料の振込先や梱包時の注意等、詳細は応募要項をご確認ください。応募にあたっては、要項付属の応募票等に必要事項を記入のうえ、2020年4月1日(水)〜4月30日(木)の期間内に必着するよう作品とともにご送付ください。応募要項はホームページよりダウンロードできます。またお問い合わせいただければ直接お送りいたします。
※作品応募期間は4月1日(水)〜4月30日(木)、期間内必着です。
※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

大賞(1点)…賞金 100万円
準大賞(1点)…賞金 50万円
高知県立美術館賞(1点)…賞金 30万円
日和崎尊夫賞(1点)…賞金 30万円
土佐和紙賞(1点)…賞金 20万円
優秀賞(数点)…賞金 30万円
佳作賞(数点)…賞金 20万円

参加資格・応募規定

プロ・アマ・年齢・国籍・居住地問わず、誰でも応募可能。

応募方法

郵送にて応募。
※作品応募期間は4月1日(水)〜4月30日(木)、期間内必着です。
※出品料(3点以内9000円、ただし国外からの応募者は無料)が必要です。

締め切り

2020年04月30日(木)郵送の場合は必着

注意事項

作品は、全て主催者又は賞提供者に帰属するものとします。また、入賞者以外の作品は、社会貢献や展覧会運営のために寄贈や売却される場合もあります。

その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:土佐和紙国際化実行委員会
お問い合わせ先:高知国際版画トリエンナーレ展係(いの町紙の博物館内・TEL:088-893-0886/メール: tosawasi[a]bronze.ocn.ne.jp ※[a]を@に変えて送信)
Screenshot of kamihaku.com

同じカテゴリの他の公募情報を見る