第16回 大分アジア彫刻展作品公募[大賞賞金 200万円]

概要

大分アジア彫刻展実行委員会、大分県、豊後大野市では、「第15回 大分アジア彫刻展」の作品を公募中です。
50歳未満の方(2021年4月1日現在)を対象、グループでの制作も可です。

〈趣旨〉
近代日本彫刻の基礎を築き、東京美術学校や「朝倉塾」で後進の育成に努めた大分県出身の彫塑家朝倉文夫を顕彰し、アジアの新進彫刻家の登竜門となる彫刻展を開催します。
この彫刻展は、芸術文化による「創造県おおいた」の推進を掲げる大分県と「豊かな心と学ぶ意欲を育むまち」づくりをめざす豊後大野市との共催で開催し、地方から全国・世界へ向けて文化情報の発信を行うものです。
意欲あふれる力作を応募されるよう、多くの方の出品をお待ちしています。

〈作品規格等〉
1. 一人1点とし、オリジナルで未発表のもの。グループ制作も1グループ1点とする。
2. 完成作品のサイズは、高さ・幅・奥行きの長さの合計が150cm以内(台座含む)であること。ただし、一辺の最長は70cm以内とする。また、作品の重量は原則30kg以内とし、これを超える場合は、自己責任で搬入出を行うこと。
3. 作品の材質は問わないが輸送及び展示に耐えられ、自立する構造であること。

〈展覧会開催時期〉
2022年10月15日(土)~11月27日(日)※予定

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

大賞(1点)…賞金 200万円
優秀賞(6点)賞金 50万円
豊後大野賞(来場者による一般投票により選出・1点)賞金 5万円

参加資格・応募規定

日本国内(国籍は問わない)およびアジアの国と地域に在住し、2021年4月1日現在50歳未満であること。
グループ制作も可。
※一人1点とし、オリジナルで未発表のもの。グループ制作も1グループ1点とする。

応募方法

主催者ホームページの応募フォームより応募。
※出品料(5,000円)が必要です。
※インターネットによる応募が不可能な場合のみ、郵送でも受付可。

締め切り

2021年12月21日(火)

注意事項

詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:大分アジア彫刻展実行委員会、大分県、豊後大野市
後援:文化庁
協賛:佐伯印刷(株)、(株)大分銀行
協力:トータル美術館(韓国)、ナショナルアートギャラリー(マレーシア)、フィリピン文化センター(フィリピン)、中国美術家協会(中国)
Screenshot of oase.bungo-ohno.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る