野外×アート×まちなか「トロールの森2021」作品募集[野外展示 公演]

概要

トロールの森実行委員会(東京都杉並区)では、現代アート展「野外×アート×まちなか トロールの森2021」を開催、作品(展示やパフォーマンス)を募集中です。
プロ・アマ・年齢・居住地・国籍問わず、誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
「トロールの森」は、美術館ではなく「日常生活のなかでアートと出会う」をテーマに、杉並区の都立善福寺公園を舞台に2002年にスタートした国際野外アート展です。
2013年からは善福寺公園のみならず、近隣地域、JR西荻窪駅周辺へと増殖し、インスタレーションやパフォーマンス、土地の歴史を掘り起こすプロジェクトなど、多彩なアートを展開してきました。
2021年は記念すべき第20回。トロールの森の持つ自然やまちの魅力的な空間を新たな目でとらえたインスタレーション、大空のもと、自然やまちを歩く人、暮らす人も演出の一員となるような詩や音楽、ダンス公演、子供たちの声が響く小学校でのワークショップや展示、演劇等、ジャンルを超えたアート作品、プロジェクトを募集します。

〈2021年のテーマ〉
深く息をする、
Breathe deeply—
深く息をすることで、緊張を解く。 心のモヤモヤを吹き飛ばす。 頭をスッキリさせる。 自分の気持ちを見定める。 新たなスタートを切る。 コロナ禍で内に閉じこもりがちな今だからこそ、アートにより深く息をすることで、内と外と交感し、世界の息吹をキャッチしたい。 自分自身の内奥をじっくり見つめたい。
深く息をする、あなたの「息 -breath- 」をアートに託した作品をお待ちしています。

〈募集対象作品・野外〉
A. 善福寺公園での空間表現作品(インスタレーション、彫刻、建築等)
B. 善福寺公園での身体表現作品(パフォーマンス、演劇、ダンス、パントマイム、音楽等)

〈募集対象作品・まちなか〉
C. 西荻窪〜善福寺周辺の店舗・ギャラリー・路上での空間表現・身体表現作品、プロジェクト
D. 桃井第四小学校(校舎内外)を舞台にした空間表現・身体表現作品、ワークショップ等

※A~Dの組み合わせも可  

〈開催概要〉
名称:野外×アート×まちなか トロールの森2021
主催:トロールの森 実行委員会
場所:都立善福寺公園上池[東京都杉並区善福寺3丁目]、JR西荻窪駅周辺から善福寺にかけての地域
※都立善福寺公園は、24時間開放型(入退園自由)の都市型公園です。
会期:2021年11月3日[水・祝]~11月23日[火・祝]

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

トロールの森2021への出展

参加資格・応募規定

プロ・アマ・年齢・居住地・国籍問わず、誰でも応募可能。

応募方法

メール、郵送にて応募。持ち込み不可。
※応募料は無料。ただし出展者確定後に運営費として2万円が必要となります(出展規定に違反するなど特別の事情がない限り、会期終了後に返金されます)。

締め切り

2021年04月26日(月)必着

注意事項

作品の著作権は応募者に帰属しますが、主催者は出展作品の展示、広告用印刷物、ホームページ、その他の媒体への掲載、図録への掲載、出展作品に関する物品の製作など、本展の運営および広報に関して自由に利用し、またその一部を修正・翻案することができるものとします。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:トロールの森実行委員会
後援:東京都東部公園緑地事務所、杉並区、杉並区教育委員会
協力:都立善福寺公園、杉並区立桃四コミュニティスクール、関東バス株式会社、JR西荻窪駅、遊工房アートスペース、ゆうゆう善福寺館、中央線あるあるプロジェクト
お問い合わせ先:トロールの森実行委員会(メール:trolls.in.the.park[a]gmail.com ※[a]を@に変えて送信)
Screenshot of www.trollsinthepark.com

同じカテゴリの他の公募情報を見る