【アマチュアの方・準技能限定公募】靴のめぐみ祭り市実行委員会│第8回 明日のトップ・シューズデザイナーコンテスト[グランプリ 賞金25万円 ヨーロッパ視察]

概要

靴のめぐみ祭り市実行委員会(東京都台東区)では、「第8回 明日のトップ・シューズデザイナーコンテスト」を開催、下記の方を対象に作品を募集中です。

〈主催者からのご案内〉
第15回「日本シューズベストドレッサー賞」クラフトマン部門 第8回作品募集!!
「日本シューズベストドレッサー賞」を制定している「靴のめぐみ祭り市実行委員会」(昭和49年設立)では、優秀な若手靴職人発掘のため「日本シューズベストドレッサー賞」に、平成27年クラフトマン部門を開設いたしました。
第7回の昨年はコロナ禍で各校とも実習が伴わない状況の中、全国から81点のご応募をいただきました。
いずれも甲乙つけ難い作品で、特に最終審査に残った作品の仕上がりは格別で、大変レベルの高いコンテストになりました。
将来の日本の靴造りを支えてくれる才能の発掘をめざして、今年もクラフトマン部門の第8回作品募集を行います。
作品は実際に履ける靴にできることを前提といたします。
まずはデザイン画でご応募いただき、恒次委員長を中心とする審査委員会で慎重に審査のうえ、優秀な作品6点を選出いたします。
この6作品については実際の靴を製作していただいて最終審査を行います。
審査結果は11月26日(土)、第48回「靴のめぐみ祭り市」会場(東京都台東区)にて実施する、第15回「日本シューズベストドレッサー賞」授賞式のステージにて発表いたします。
また「日本シューズベストドレッサー賞」受賞者とともに靴のファッションショーにご参加いただき、メディアを通じて全国の皆さまに作品を披露いたします。
本賞への入賞が栄光への登龍門となることを期待します。
靴造りを学ぶ学生さん、若手デザイナーや職人さんなど、ファッションやデザインを志している意欲ある皆様のご応募をお待ちいたしております。

〈応募資格〉
・全国の靴造りを学んでいる学生の方、ファッションを志している方。
・または30歳未満の個人で、靴の制作が可能な方(工房等で靴造りをされている方でも、個人資格での応募は可能です)。
・グループでの応募もOKです。

〈募集作品〉
皮革を主要素材とし、テーマに沿ってつくられた未発表の紳士、及び婦人靴。

〈募集テーマ〉
「革靴にできること」
※皆さまの斬新な発想を具現化してください。甲材、底材、デザイン、色彩等既成概念を覆す作品を期待します。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

グランプリ(1作品)…賞金 25万円
準グランプリ(1作品)…賞金 10万円   
審査員特別賞(1作品)…賞金 7万円
優秀賞(3作品)…賞金 4万円
※グランプリ、準グランプリのお二人には、副賞として2023年2月、ミラノ「MICAM」展示会視察の旅を贈呈します。

参加資格・応募規定

※概要欄を参照。
※一人何点でも応募可。

応募方法

デザイン画、住所・氏名・年齢・連絡先(電話・メール)・学校名または所属先(個人は不要)を明記し、作品のコンセプト等のコメントを添え郵送、またはメールでお送りください。

締め切り

2022年09月06日(火)郵送の場合は必着、メールについては同日17:00まで。

結果発表

令和4年9月21日(水)…「日本シューズベストドレッサー賞」のホームページ上で一次審査の結果を発表いたします。選出された6作品は11月中旬をめどに実際に靴を製作して頂き、11月26日(土)の「日本シューズベストドレッサー賞」の授賞式会場(東京都台東区)でグランプリ他各賞発表と表彰式を実施、合せてファッションショーにご参加いただきます。

注意事項

応募作品の著作権は応募者に帰属、入賞作品の著作権は入賞者に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:靴のめぐみ祭り市実行委員会
お問い合わせ先:運営事務局(TEL:03-5811-1929)



同じカテゴリの他の公募情報を見る