幻冬舎│「下村敦史『同姓同名』キャッチコピーコンテスト」作品募集[大賞 図書カードNEXT1万円分 作品採用した帯付き書籍]

概要

株式会社幻冬舎(東京都渋谷区)では、「『同姓同名』キャッチコピーコンテスト」を開催、作品を募集中です。
国内在住の方であれば、プロ・アマ・年齢問わず誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
『同姓同名』キャッチコピーコンテスト
9/8発売 下村敦史 『同姓同名 』文庫化記念キャッチコピーコンテストを開催いたします。
大賞は1万円の図書カードNEXT!誰でも応募可。あなたのコピーが本の帯になる!(POPでも可)

〈キャンペーン期間〉
2022年9月6日(火)11:00~2022年10月7日(金)23:59

〈応募について〉
・何度でも応募可能です。
・テキストでも画像でもOKです。
・画像の場合、サイズは横:縦=3:2の横向きを目安に作成してください。データサイズの上限は10MBとします。データ形式は「.jpg」「.png」(※静止画作品のみ)で制作してください。
・当選者の発表は11月上旬頃、本特設サイトにて発表予定。
・賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
・賞品の換金・譲渡はできません。

〈作者より〉
「作者の予想や想像を飛び越えるキャッチコピーを期待しています!」

〈担当編集より〉
「元コピーライターですがキャッチコピー苦戦しました。皆さまのアイデアお待ちしてます!」

〈この「混乱系ミステリ」がとことん読みたくなるキャッチコピーがきみに書けるか〉
大山正紀が殺された。
犯人は──大山正紀。

“登場人物の名前が全て同姓同名”で話題となった下村敦史の『同姓同名』。なんと作中に出てくる人物「大山正紀」の登場回数は1200回以上。前代未聞のミステリとして単行本発売時に「最高難度のアクロバットが見事にきまった。作者の会心の笑みが目に浮かぶようだ。――有栖川有栖」と称賛の声が届くなど話題になった本作品。

この刊行を記念して『同姓同名』の
キャッチコピーコンテストを開催いたします。
大賞に選ばれた作品は、帯替え時の新しい帯や、
実際のPOPとして使用させていただきます。

これはミステリ作家からの挑戦状です。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

・大賞(テキスト部門・POP部門 各1名)…1万円分の図書カードNEXT、コピー/POPを採用した帯付き書籍
・入賞(テキスト部門・POP部門 各2名)…5,000円分の図書カードNEXT、コピー/POPを採用した販促物

参加資格・応募規定

国内在住の方であれば、プロ・アマ・年齢問わず誰でも応募可能。

応募方法

〈特設サイト〉
応募フォームから必要事項を入力の上、ご応募ください。

〈Twitter〉
幻冬舎電子書籍「@gentosha_dc」のアカウントをフォローし、「#同姓同名キャッチコピーコンテスト」のハッシュタグをつけてキャッチコピーのテキストまたはPOP画像を投稿してください。

〈Instagram〉
幻冬舎電子書籍「@gentosha_dc」のアカウントをフォローし、「#同姓同名キャッチコピーコンテスト」のハッシュタグをつけてキャッチコピーのテキストまたはPOP画像を投稿してください。

締め切り

2022年10月07日(金)

注意事項

応募作品・入賞作品の著作権は株式会社幻冬舎に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

株式会社幻冬舎
Screenshot of www.gentosha.co.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る