第15回 ピンクリボンデザイン大賞(コピー部門)作品募集[賞金 10万円]

締め切り日を過ぎています




概要

ピンクリボンフェスティバル運営委員会では、「第15回 ピンクリボンデザイン大賞」を開催、ポスター部門・コピー部門の2部門で、5月10日より募集を開始します。

〈趣旨〉
乳がんは、早期に発見すれば治癒率が高いがんですが、検診受診率は国の目標である50%に届かず、まだ低い状況です。
乳がんの正しい知識、そして乳がんを自分自身の問題として意識することの大切さを伝え、 一人でも多くの方に検診に足を運んでもらえるような作品を募集します。

〈募集内容〉
乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、検診受診を呼びかける作品

〈募集作品〉
「キャッチフレーズ」もしくは「キャッチフレーズ&ボディコピー」。
乳がんの正しい知識や早期発見の大切さを伝え、受診を言葉の力で呼びかけてください。

〈作品制作上の注意事項〉
・乳がん患者の方および関係者の気持ちにご配慮ください。

〈審査員長〉
中村 禎(コピーライター、 クリエイティブディレクター(フリーエージェント))

〈審査員〉
内田 喜基(アートディレクター(株式会社cosmos))
国井 美果(コピーライター、クリエイティブディレクター(フリーランス))
田中 千絵(アートディレクター(株式会社ストライプファクトリー))
中村 聖子(クリエイティブディレクター、コピーライター(中村聖子株式会社))
三井 明子(クリエイティブディレクター、コピーライター(株式会社ADKクリエイティブ・ワン))

※募集開始は5月10日です。
※応募の際は、必ず誓約項目を確認ください。
※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

グランプリ作品(1点)…10万円贈呈、特別協賛社キリンビバレッジ株式会社より副賞を贈呈
優秀賞・入選(各2点)…記念品贈呈

参加資格・応募規定

グループでの応募も可。
※応募作品数に制限はありません。1名(1グループ)何作品でも応募可能です。

応募方法

ホームページの応募フォームより応募。
※募集開始は5月10日です。

締め切り

2019年07月01日(月)12:00まで

結果発表

受賞者に直接連絡の上、ウェブサイト、宣伝会議発行 月刊『ブレーン』(10月1日発売)にて発表。

注意事項

入賞作品を含む応募作品の著作権に関する権利は主催者である日本対がん協会、および朝日新聞社に帰属。また、入賞作品の使用に関して著作者は著作者人格権を行使できないものとします。入賞作品の広告使用などに関する使用料などは原則発生しません。

その他の詳細はホームページをご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:ピンクリボンフェスティバル運営委員会(日本対がん協会、朝日新聞社ほか)
特別協賛:キリンビバレッジバリューベンダー(株)、富国生命保険(相)
後援:厚生労働省、日本医師会、日本看護協会、日本乳癌学会、日本乳癌検診学会、日本癌治療学会、東京都
支援:Pink Ring
特別協力:(株)宣伝会議 
広報協力:ソニーネットワークコミュニケーションズ
お問い合わせ先:ピンクリボンデザイン大賞事務局(宣伝会議内)
Screenshot of www.pinkribbonfestival.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る




【スポンサードリンク】