公益社団法人 日本広告制作協会 / 第4回 想いを伝えるカードデザイン大賞 作品募集

締め切り日を過ぎています

概要

公益社団法人 日本広告制作協会(東京都中央区)では、「第4回 想いを伝えるカードデザイン大賞」を開催、作品を募集しています。
小学生以上の方で「届けたい想い」のある人なら誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
離れていても、つながろう
第4回を迎えた「想いを伝えるカードデザイン大賞」。今回は新型コロナウイルスの影響にて、展示会は中止しWEB上での発表のみとします。なお、受賞作品に関して審査員の方と受賞者の方をオンラインで結び、皆さんともつがろうと考えています。
もともと、コミュニケーション手段としてのハガキ、封書などのカードを贈る文化とその価値を再認識し、新たな可能性を発見してもらうために始めたコンテスト。デジタルの世の中にシフトし、在宅勤務やリモート授業などでも何とかなってはいますが、それでも今後は、「ぬくもり」感など、直接会って、話して、感じる心の動きが必要になってくるかもしれません。
誰に、いつ、どんな思いを届けるのかは、それぞれ 自由。届いたその日があなたと誰かの記念日になる。そんな素敵なぬくもりのあるコミュニケーションを演出するグリーティングカードをお待ちしています。

〈募集内容〉
テーマや内容は、あなたの体験したことや思い出など、誰かに送るものとして「届けたい想い」が伝わっているか。感動はあるかを審査のポイントとしています。今回のご応募は、メールにてお願いいたします。

〈応募作品〉
応募者の自作であるオリジナル未発表作品。下記の(A)(B)をセットで提出。
(A)グリーティングカード本体を撮影した画像(画像は1作品につき2枚から5枚とし、6枚以上は不可、1点1MB以内)。
(B)作品タイトル(記念日名)、記念日(届けたい日)、「届けたい想い」についての説明(100文字程度)。
〈審査のポイント〉
サイズ・形状は、自由(グリーティングカードとして適切なサイズ・形状であること)素材は、紙またはシート状のもの「届けたい想い」が伝わっているか。感動はあるか。

〈審査員〉
・審査委員長:梶原 鉄也(OAC 理事長)
・ゲスト審査員:杉山 ユキ(アートディレクター)、加来 幸樹(株式会社サインコサイン 代表取締役 CEO/CO CREATOR)
・審査員:協賛企業担当者 株式会社コーセー、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社
・優秀作審査員:「想いを伝えるカードデザイン大賞」プロジェクトメンバー

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

大賞1作品、優秀賞3作品、協賛企業賞、OAC特別賞1作品

参加資格・応募規定

小学生以上の方で「届けたい想い」のある人なら誰でも応募可能。

応募方法

メールにて応募。
award@oac.or.jp
件名欄に「想い2020」と記してください。

締め切り

2020年09月30日(水)

注意事項

応募作品・入賞作品の著作権者は作成者となりますが、選出された作品の公開等は公益社団法人日本広告制作協会の権利にて行いますので、公開を望まない方はご応募をご辞退ください。なお、受賞作品は当協会のWEBサイトにて公開いたします。

その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:公益社団法人 日本広告制作協会(OAC)
協賛:株式会社コーセー、三菱ケミカル・クリンスイ株式会社、株式会社Looop
協力:株式会社ショウエイ
お問い合わせ先:公益社団法人 日本広告制作協会(OAC)「私の記念日を、あなたに。想いを伝えるカードデザイン大賞」事務局
Screenshot of www.oac.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る