デジタルえほんアワード 2022[各賞あり]

概要

国際デジタルえほんフェア実行委員会(東京都港区)では、「デジタルえほんアワード2022」を開催、作品を募集中です。

〈趣旨・「デジタルえほんアワード」とは?〉
「デジタルえほん」とは、こどもたちのためのデジタル表現の総称です。
デジタルえほんアワードは、これからを生きるこどもたちとデジタルの豊かな出会いをつくり出す「デジタルえほん」の開拓・発展を目的に始まりました。
デジタル技術の発達により、わたしたちを取り巻く環境は大きく変化しています。
それはこどもたちの世界も同様です。
21世紀を生きるこどもたちは、絶えず変化するデジタルテクノロジーとともに生きていきます。
そんな新しい社会の新しい表現、新しいコミュニケーションである世界中の「デジタルえほん」をこどもたちに伝えていきたい。
デジタル技術は、こどもたちの世界を広げ、想像力をふくらませ、アイデアを形にできる道具です。
今年も、こどもたちを魅了するデジタルえほんを世界中から募集します。

〈デジタルえほんとは?〉
パソコン、タブレット、スマートフォン、電子書籍、デジタルサイネージ、電子黒板、テレビなど、あらゆるデジタルデバイスを含む、こども向けデジタル表現であればなんでも応募が可能です。

〈募集作品〉
2022年8月19日(金)までの間に制作された「デジタルえほん」作品。
アプリ、フラッシュ、AR等、フォーマットや対応端末は問わず、審査する上で鑑賞可能な子ども向けデジタル表現作品や教材。

〈過去の応募作品例〉
アプリケーション、映像、WEBコンテンツ、デジタルトイ、展示、空間演出など、様々なデジタルえほんを応募いただいています。

〈応募部門および資格〉
・一般部門…個人、チーム、団体、法人、国籍、年齢、性別等問わずどなたでもご応募可能
・キッズ部門…中学生以下(学校・塾・チームなどでのご応募も可能です。こちらも国籍、年齢、性別等問わずどなたでもご応募が可能です。)
両部門ともに、本ページに記載のある要項内容にご了承いただける方。

〈審査員〉
・いしかわこうじ /絵本作家
・角川歴彦 /株式会社KADOKAWA 取締役会長
・川村真司 / Whatever チーフクリエイティブオフィサー
・きむらゆういち /絵本作家
・木村祐一 /お笑い芸人
・季里 /女子美術大学アート・デザイン表現学科 メディア表現領域教授
・榊原洋一 /医学博士・お茶の水女子大学名誉教授
・矢部太郎(カラテカ)/お笑い芸人・漫画家
・石戸奈々子 /国際デジタルえほんフェア実行委員長・NPO法人CANVAS理事長・慶應義塾大学教授
・藤形正敬 / 株式会社ラフ&ピースマザー 取締役

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

グランプリ、準グランプリ、ラフ&ピース マザー賞、審査員特別賞、キッズ賞 …などを予定

参加資格・応募規定

概要欄を参照。

応募方法

主催者ホームページのエントリーフォームより応募。

締め切り

2022年08月19日(金)

注意事項

応募作品の産業財産権、著作権などの全ての知的財産権は応募者に帰属します。応募の際は応募者が自らの責任において必要に応じて権利保護等の措置を講じてください。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:国際デジタルえほんフェア実行委員会
共催:CANVAS、ラフ&ピ―スマザー
お問い合わせ先:デジタルえほんアワード運営事務局(メール:info[a]digitalehonaward.net ※[a]を@に変えて送信)



同じカテゴリの他の公募情報を見る