【地域・児童限定公募】第36回 私たちの自然を守ろうコンクール

概要

公益財団法人埼玉県生態系保護協会、朝日新聞さいたま総局では、「第36回 私たちの自然を守ろうコンクール」を開催、埼玉県内に在住、在学している小中学生を対象に作品を募集中です。

〈主催者からのご案内〉
埼玉県内に在住、在学している小中学生を対象として、身近な自然のなかで体験したことや自然への思いを絵画・ポスター・作文にしてご応募いただくコンクールです。朝日新聞さいたま総局と(公財)埼玉県生態系保護協会の共催で毎年開催しています。

〈募集内容・小学生絵画〉※1か2を選ぼう!
・用紙:A4〜B3画または四ツ切画用紙
・テーマ1.『自然の中で遊んだこと』…虫とりや川あそびなど、埼玉県内の自然体験や、家のまわりの自然を観察したことなどを表現してください。
・テーマ2.『こんな学校にしたい! ~自然の生きものと一緒に遊べる学校~』…こんな学校なら生きものが喜ぶかもしれない、など学校のアイデアを表現してください。

〈募集内容・小学生作文〉※1か2を選ぼう!
・用紙:B4、400字詰め原稿用紙3枚以内
・テーマ1.『自然の中で遊んだこと』…虫とりや川あそびなど、埼玉県内の自然体験や、家のまわりの自然を観察したことなどを表現してください。
・テーマ2.『こんな学校にしたい! ~自然の生きものと一緒に遊べる学校~』…こんな学校なら生きものが喜ぶかもしれない、など学校のアイデアを表現してください。

〈募集内容・中学生ポスター〉
・用紙:A4〜B3画または四ツ切画用紙
・テーマ『私たちの自然を守ろう』…かつて埼玉県内にあった多彩な自然を取り戻し、未来につなげるためのポスターを「私たちの自然を守ろう」の言葉を入れて描いてください。

〈募集内容・中学生作文〉※1か2を選ぼう!
・用紙:B4、400字詰め原稿用紙3枚以内。
・テーマ1.『自然の中で感じたこと』…埼玉県内の自然の中で実際に感じたこと、外出できない中で感じた自然への思いなどを表現してください。
・テーマ2.『自然を守るための活動』…森や川、生きものなどを守るための地域の活動を調べ、感想や自分でやってみたいことを表現してください。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

知事賞(各部門1点)
埼玉県生態系保護協会会長賞(各部門3点)
朝日新聞社賞(各部門3点)
優秀賞(各部門5点)
優良賞(各部門8点)
功労賞(各部門15点)
学校賞(受賞作品数が最多の学校 1校)
※応募者全員に参加賞 ※受賞点数は予定です

参加資格・応募規定

埼玉県内に在住、在学している小中学生の方。

応募方法

郵送、持参にて応募。

締め切り

2020年09月30日(水)郵送の場合は必着のこと

結果発表

2020年10月中旬…応募元へ直接通知のほか、朝日新聞紙上で発表。

注意事項

作品は返却されませんので、応募前に複写等をして下さい。応募作品・入賞作品の著作権、使用権、所有権は主催者に帰属。自作、未発表の作品に限ります。

その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:公益財団法人埼玉県生態系保護協会、朝日新聞さいたま総局
お問い合わせ先:(公財)埼玉県生態系保護協会 (Tel:048-645-0570)
Screenshot of www.eco-saitama.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る