国際ガラス展・金沢 2019[大賞 副賞100万円]

締め切り日を過ぎています




概要

国際ガラス展・金沢開催委員会(構成:石川県、金沢市、金沢商工会議所、(公財)石川県デザインセンター)では、「国際ガラス展・金沢 2019」を開催、作品を募集しています。
誰でも応募が可能です。

〈趣旨〉
本展は、1984年(昭和59年)にはじまり、国内公募展等を経て、1988年には世界唯一のガラスの国際公募展へと拡充し、今回、第14回展を迎えることとなりました。
これまで、世界の約40の国と地域から数多くの素晴らしい作品が寄せられており、「世界のガラス・シーンの今を展望する」にふさわしい国際的な展覧会として評価を得ております。
金沢は、日本を代表する伝統的都市として知られ、四季折々の季節感溢れる豊かな自然環境の中で、多種多様な伝統工芸が日常生活に溶け込んでいます。
本展は、金沢に「ガラス」という新しい生活文化や産業を育てるとともに、他の工芸や産業分野に対して創造性を触発していくことも期待して開催してきました。
本展開催委員会では、これまで同様、暮らしの中のガラスから新しい芸術表現としてのガラスまで、様々な観点からの取組を期待しており、本展の開催を通してガラスの様々な可能性を探っていきたいと考えています。
多くの皆様方のご応募をお待ちしています。

〈作品規定〉
・ガラスを主材料として制作された作品。
・技法は問いません。
・床、壁、展示台などに安定して設置可能であること。
・アイデアスケッチ等、具体的な形になっていないものは受付けません。
・応募作品は1人(グループ・団体)1点(組)に限ります。
・作品のサイズは1点(組)縦、横、高さのサイズの総計が180㎝以内。
・作品の重量は100kg以内。
・他の公募展に応募してない作品。

〈国際ガラス展・金沢 2019〉
・会期:2019年10月30日(水)~11月11日(月)  13日間(予定)
・会場:石川県政記念しいのき迎賓館(予定)

〈国際ガラス展・金沢 2019 in 能登島〉
・会期:2019年11月中旬から2か月間(予定)
・会場:石川県能登島ガラス美術館

※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

大賞(1点)…副賞 100万円
金賞(1点)…副賞 50万円
銀賞(4点)…副賞 20万円
奨励賞(6点)…副賞 5万円
審査員特別賞(5点)…副賞 3万円
※副賞は、所得税等を控除した金額が支払われます。

参加資格・応募規定

誰でも応募可能。

応募方法

応募要項を請求の上、郵送、ホームページの応募フォームより応募。
※応募申込料(5,000円。海外からの応募者は無料)が必要です。

締め切り

2019年03月01日(金)必着

結果発表

2019年4月中旬…作品画像で1次審査。

注意事項

作品にかかる知的財産権は、すべて応募者本人に帰属。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

国際ガラス展・金沢開催委員会
http://www.design-ishikawa.jp/glass/glass2019/index.html

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>