KITAHARA FUTURE「湯」CONTEST AT 北原フェス 2017 アイデア募集[賞金 30万円]

締め切り日を過ぎています




概要

医療法人社団KNI(東京都八王子市)では、「KITAHARA FUTURE「湯」CONTEST」を開催、ロボット技術が導入されることにより近い将来実現可能となるような、高齢者や障害を持つ人のための新しい入浴方法(アイデア)を募集しています。

〈趣旨〉
KITAHARA FUTURE「湯」CONTESTとは、東京都八王子市左入町にある北原リハビリテーション病院で催されるイベント「北原フェス2017」で開催されるコンテストです。
フェスのテーマは「未来の医療」。
フェスの会場となる北原リハビリテーション病院はただの病院ではなく、「人と自然と技術の調和」をコンセプトとした新しい癒しの空間を目指しており、企業との共同開発やその実証実験を行う「未来の医療」を創り出す場になります。
KITAHARA FUTURE「湯」CONTESTは、ロボット技術が導入されることにより、実現可能となる入浴方法のデザインについて広くアイデアを募集し、医療の現場で課題が多い「入浴」に新たなソリューションを創り出すことを目的としています。

〈医療現場の課題「入浴」とは?〉
前掛けをかけた職員に流れ作業で洗われる。
病院や高齢者施設などお1人でお風呂に入れない方はこのような方法で入浴しています。
こんな入浴あなたは望んでいますか?
お風呂は本来ゆっくりくつろいで疲れを癒すところ。
でも介助が必要な患者さんにとって病院のお風呂はそうではありません。
入る時間は指定され、服を着た職員に洗われ、常に監視されながら入るお風呂ではくつろげません。
さらに病院職員にとっても入浴介助は人手をとられ、業務効率を上げるのが難しい仕事です。
私たちは患者さんが安全に、入浴本来の目的であるくつろぎや癒しを得られるように、病院にとっても業務効率向上、人件費が削減出来るように「入浴を助けるロボット」を開発するため、ロボット、機器のコンテストを開催することにしました。

〈募集テーマ〉
「高齢者や障害を持つ人の新しい入浴方法」…ロボット技術が導入されることにより、近い将来、実現可能となる新しい入浴方法についてのデザイン。

例えば、
・自動的に浴槽に連れて行ってくれるお風呂
・服を脱がなくても入れるお風呂
・お風呂で溺れそうになった時助けてくれるお風呂

ロボットの形態に制限はありません。自由な発想を期待しますが、実現可能性も重視します。

〈応募作品〉
・A4サイズに下記の必要事項を記入して提出。
・サイズ:A4サイズ(210×297mm)片面縦使い/1枚
・必要内容:タイトル、アイデアの説明文、イラスト、図、パース、CG、グラフ、表など、使用する技術についての説明、完成までの大まかなスケジュール
※表記は日本語、オリジナルの作品、アイデアで未発表のものに限る。返却は不可。

※応募規約等の詳細についてはホームページなどをご確認ください。

賞の内容

北原賞(1点)…賞金 30万円
優秀賞(1点)…賞金 15万円
※受賞者は製品化のために北原リハビリテーション病院で実証実験が行えます。また一般社団法人 医療みらい創生機構会員企業とのマッチングをお手伝いします。

参加資格・応募規定

誰でも応募可能。

応募方法

下記の問い合わせ先まで連絡のこと。

〈お問合せ先〉
〒192-0045 東京都八王子市大和田町1-7-23
北原国際病院 KITAHARA FUTURE HEALTHCARE CONTEST事務局
(亀田、田村)

締め切り

2017年11月04日(土)

結果発表

2017年12月10日…北原フェス2017にて表彰。

注意事項

応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、ホームページや雑誌への掲載および作品展示に関する権利は主催者が保有し、入賞作品や氏名などを発表できるものとします。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:医療法人社団KNI
お問い合わせ先:北原国際病院 KITAHARA FUTURE HEALTHCARE CONTEST事務局
http://join4future.com/event/7726/

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>