一般社団法人発明学会│第25回 身近なヒント発明展[発明奨励金 総額50万円]

概要

一般社団法人発明学会(東京都新宿区)では、「第25回 身近なヒント発明展」を開催、協賛会社が求める12個のアイデア部門別にアイデア・作品を募集しています。
プロ・アマ・年齢・性別・職業・居住地・国籍問わず、誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
一般社団法人 発明学会(東京都新宿区)では、「第25回 身近なヒント発明展」を開催、協賛会社が求める12個のアイデア部門別にアイデア・作品を募集しています。
年齢性別、職業問わず誰でも応募可能。試作品が無くても、出願前の作品でも、応募可能です。
「フリーサイズの落とし蓋(800万枚、累計売上総額72億円)」の発明者には、約6000万円の特許料が支払われました。「洗濯機の糸くず取り機(累計売上総額65億円、最高販売個数15万個/1か月)」の発明者には、約3億円もの特許料が支払われました。
第22回(平成30年度)の応募作品からは2点の作品が、コンクール協賛企業に採用され、発明学会ビルで開催された、「企業、発明者、発明学会会長」の三者が契約を結ぶ「公開契約調印式」の様子が、テレビでも紹介されました(テレビ朝日/「スーパーJチャンネル」)(テレビ東京/「WBS トレンドたまごコーナー」)。
第24回(令和2年)では、小学5年生の発明品が、協賛企業数社から同時に商品化採用を検討したいというオファーが入り、発明学会大賞受賞が決まりました。
「台所やお風呂などの家庭生活や趣味、仕事などの現場で気が付いた、街の発明家のアイデア」と「商品化できるアイデアを求める協賛企業」とを結びつける、商品化に直結した、消費者目線のアイデアを求める多くの企業が協賛する「商品化にもっとも近い発明コンクール」です。
商品化採用が決まった場合は、「公開契約調印式」を企画・開催し、メディアに紹介することで、販促・宣伝面からもサポート致します。

〈新応募部門 追加決定! 募集分野は全12部門!〉
・1部門…生活用品関係(洗濯、物干し、ハンガー、清掃用品、浴室、トイレ)
・2部門…生活用品関係(調理道具、食卓用品、インテリア、家具、その他 ①部門以外の生活用品)
・3部門…玩具・レジャー・スポーツ・ホビー・ベビー&キッズ関係
・4部門…文具・事務用品・教材関係
・5部門…健康・美容・衛生・介護関係
・6部門…衣料・寝装品・履物関係
・7部門…2輪車・自動車・運搬・カー用品関係
・8部門…防犯・防災関係
・9部門…ユーモア発明・面白グッズ関係
・10部門…園芸・農業・建築・荷造り資材関係・その他(①〜⑨にない分野)
・11部門…アプリ部門
・12部門…こども発明部門

〈応募規定・特許権、実用新案権、意匠権、商標権・著作権の取扱について〉
・特許などの出願、未出願を問わず、本発明展に応募できます。権利が確定している必要もありません。
・試作品が無くても応募は可能です。
・一次審査は、秘密保持契約を交わした本発明展の協賛企業のみが参加し、非公開で実施されるため、模倣流失の心配はありません。ただし、先に当コンクールとは関係ない他者によって、先に出願される可能性はあるため、先願権の確保をご希望の方は出願の上ご応募ください。
・一次審査は、権利化や出願の有無にかかわらず、応募用紙に書かれた説明図(または試作品の写真)について、「商品需要(ニーズ)、試作品の完成度(発明の効果)、量産性(製造コスト)」などの観点から、総合的に審査されます。
・一次審査に合格し、二次審査となる、不特定多数の一般参加者が来場する発明展での展示に進む際は、出願をおすすめします。
・企業に採用され商品化された場合、特許や意匠などの権利は、発明者本人のものとなります。
・特許などの権利対策は、応募者側の責任で行ってください。
・発明学会の会員は、無料発明相談で出願書類の添削を受けることができます。自分で出願書類を作成すれば、出願料実費(14,000円)で出願が可能です。
・自身で出願書類が書けない方は、発明学会と提携する弁理士の紹介も可能です(発明学会 会員割引特典あり)。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

発明学会大賞(1点)…賞状、奨励金 10万円
優秀賞(5点)…賞状、奨励金 5万円
優良賞(10点)…賞状、奨励金 1万5千円
奨励賞(84点)…賞状、副賞
努力賞(100点)…賞状、副賞
アイデア賞(100点)…賞状、副賞
こども発明部門 特別賞(10点)※新設
以下選外
※企業にアイデア採用・商品化された場合、賞金とは別に企業とかわす契約書に基づき「契約金」「権利実施料」が支払われます。
※賞にもれた選外作品であっても、企業にアイデアを採用される場合があります。

参加資格・応募規定

プロ・アマ・年齢・性別・職業・居住地・国籍問わず、誰でも応募可能。
※一人何件でも応募が可能です。
※「12分野 こども発明部門」への応募は15歳まで。

応募方法

応募セット(応募用紙)を請求の上、郵送にて応募。
※参加費(発明学会会員2,000円 税込・非会員3,000円 税込・学生1,000円 税込)が必要です。

締め切り

2021年07月10日(土)当日の消印有効

結果発表

応募締切:2021年7月10日(消印有効)
一次審査 結果通知(対象者のみ):2021年9月上旬
展示会:2021年10月8~10日 発明学会ビル3F会場にて
二次審査 結果通知(対象者のみ):2021年11月中旬~
表彰式:2021年12月18日 発明学会ビル3F会場にて
受賞結果一般公開:2022年1月 発明学会会員向け情報誌『発明ライフ』1-2月号誌面、および、発明学会ホームページ上にて。

注意事項

入賞の有無にかかわらずすべての応募作品は本人に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

一般社団法人 発明学会
Screenshot of www.hatsumei.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る