講談社│第66回 群像新人文学賞 原稿募集[賞金 50万円]

概要

株式会社講談社(東京都文京区)では、「第66回 群像新人文学賞」を開催、作品を募集中です。

〈趣旨〉
気鋭の才能を輩出した群像新人文学賞は、更に一層の清新な才能を待望しています。

〈応募作品について〉
・応募作品は未発表の小説に限る。同人雑誌発表作、他の新人賞への応募作品、ネット上で発表した作品等は対象外とする。
・枚数は400字詰原稿用紙で70枚以上250枚以内。
・ワープロ原稿の場合は400字詰換算の枚数を必ず明記のこと。
・原稿データ形式はMSWord(doc、docx)、一太郎(jtd)、テキスト(txt)、PDF(pdf)に限定。
・応募は一人一篇とする。
ほか

〈選考委員〉
・島田 雅彦…科学が扱わない諸問題、神や無意識、政治、エロス、欲望その他よろず引き受けるのが文学。可能世界を構築したり、死者と対話したり、怪物を作ったり、クーデターを起こしたり、人類を滅亡させたりもできます。Feel free to write.
・町田 康…いろんなことを気にせず自分が面白いと感じることを書き其れがおもしければ大吉
・柴崎 友香…世界と言葉とのはざまで今書かれようとしているそれが、これからの「小説」を更新していくと思うと、静かな高揚を感じます。真っ先に読める幸運と見逃すことのできない緊張を忘れずに、書かれたものと向き合いたいです。
・松浦 理英子…どこかで教わったかのような小説ではなく、孤独な思考の中で研ぎ澄まされた言葉を読みたい。知性ある獣となって獣道を切り拓くように書いてほしい。
・古川 日出男…あなたが凄いかどうかを知りたいわけではない。あなたの「伝えたいこと」が凄いかどうかを知りたいのだし、その「伝えたいこと」をのせる言葉が凄いかどうかを知りたいのだ。それらに関してならば、わたしは切に知りたい。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

賞金 50万円
※受賞作複数の場合は分割。

参加資格・応募規定

※応募は一人一篇まで。

応募方法

郵送、主催者ホームページの応募フォームより応募。

締め切り

2022年10月15日(土)郵送の場合は当日消印有効、WEBの場合は当日24時まで

注意事項

受賞作の出版権は主催者に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

株式会社講談社
Screenshot of gunzo.kodansha.co.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る