日本児童文学者協会│第9回 子どものための感動ノンフィクション大賞 作品公募[賞状 賞金30万円 作品出版]

概要

日本児童文学者協会(東京都新宿区)では、「第9回 子どものための感動ノンフィクション大賞」を開催、作品を募集中です。
誰でも応募が可能です。

〈趣旨〉
いま、児童文学の世界ではノンフィクション児童文学の新しい書き手の登場がつよく望まれています。
本賞は、その分野での新人作家を見つけ出し、応援していくために、2005年に創設されたものです。
ノンフィクション児童文学の出版に実績と熱意を持つ学研プラスの共催を得て、第9回の募集をおこなうことになりました。
第1回募集では、「サクラ―日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語」が最優秀作品に選ばれ出版されました。
第3回募集では、宮坂英弌の生涯を描いた「発見、発掘、土の中にねむる夢とロマン」が、第5回募集では、わさび園の作業小屋の天井から落ちてきたジネズミを育てる「天井からジネズミ」が、第6回募集では「こんにちは ツメナシカワウソの双子の赤ちゃん」が最優秀作品に選ばれ学研より刊行されました。
さらに第7回募集では、優良作品に選ばれた「うちにカブトガニがやってきた!?」が刊行されました。
応募方法をよくお読みの上、現代の子どもたちをつよくとらえ、感動させる新しいノンフィクション作品をご応募ください。

〈募集作品について〉
対象年齢は、小学校中学年から高学年。
題材は、人物ノンフィクション、歴史のできごと、社会のできごと、スポーツ、動物と人間、環境問題、子どもたちの生きる姿など、自由です。
子どもたちを引きつける力のこもった作品がのぞましい。

〈1次選考応募規定〉
書こうとしているノンフィクション作品の、作品計画書にあらすじ(400字詰原稿用紙5~6枚)を添えて提出して下さい。
その計画書には、作品のねらい・グレード・題材についての情報・取材の予定、などをお書きいただきます。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

最優秀作品(1点)…賞状、賞金 30万円、原則として学研プラスより出版
優良作品(2点程度)…賞状と記念品、学研プラスからの出版を検討
※出版にあたっては、改作を求められる場合があります。

参加資格・応募規定

誰でも応募可能。

応募方法

郵送にて応募。

締め切り

2021年09月30日(木)

注意事項

最優秀作品の著作権の扱いは、学研プラスとの出版契約書による。印税については、一定部数以上の発行になった場合、支払われる。優良作品については、2年間学研プラスが出版優先権を保有する。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:日本児童文学者協会
お問い合わせ先:日本児童文学者協会「子どものための感動ノンフィクション大賞」係(TEL:03-3268-0691/FAX:03-3268-0692/メール:zb[a]jibunkyo.or.jp ※[a]を@に変えて送信)
Screenshot of jibunkyo.main.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る