東映×ブースタープロジェクト 新作ホラー映画の脚本家、大募集!!

概要

東映株式会社、映像制作会社ブースタープロジェクトでは、新作ホラー映画の脚本家を募集中です。
プロ・アマ・年齢・性別問わず、誰でも応募が可能です。

〈趣旨〉
この度、東映株式会社は映像制作会社ブースタープロジェクトと共同で、ホラーの巨匠・清水崇監督の最新映画企画の開発に際して、“鬼才?奇才!!発掘オーディション”を開催することになりました。
「恐怖の村」シリーズとして、2020年に公開し大ヒットを果たした第1弾『犬鳴村』、今年の2月に公開の第2弾『樹海村』、先日情報解禁がされ話題沸騰中の第3弾「牛首村」。
そして、引き続き東映がホラーシリーズを生み出す為に、2000年以降東映では初となる映画の脚本家を大募集!
「世界はお前のもの―the world is yours-」をスローガンに、新たな才能の発掘を目指します。
募集要項は下記の通りです。
是非、奮ってご応募ください。

〈募集要項〉 
・選考資料としてお一人様につき1案までのオリジナルプロットをご提出頂きます
・フォーマット:ワードA4用紙1枚(フォントサイズ12P /1000字程度 / PDFファイル) 
※文頭に氏名・住所・電話番号・タイトル・メールアドレスをご記載ください
・ジャンル:ホラー(120分程度の長編映画を想定してください)
・条件:
①主人公を10代~20代前後の女性とする
②日本国内であり、クローズドサークルの要素があること
③水がある場所(海・川・湖etc.)が物語に登場すること
④オリジナルアイディアであること

・プロット・資料を参照の上、一次選考させて頂いた方はプロデューサー面談をお願い致します。
 プロデューサー面談2021年10月頭(予定)
・最終選考通過後、2022年1月頃までに初稿上がり・以降順次改稿作業が可能な方
※プロ・アマ・年齢・性別問いません。また、プロの方は作品歴などを記した履歴書を任意で添付して頂いてもかまいません。採用された方の脚本料は、改めてご相談させていただきます選考結果は、落選された方も含め全ての方に通知をさせて頂く予定です。

〈注意事項〉
プロットでの応募ではなく“脚本”での応募や、ご自身の脚本の売り込みなどはご遠慮頂く様にお願い致します。
また、フォーマットにそぐわない応募に関しましても、すべて落選扱いとなります。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

採用

参加資格・応募規定

プロ・アマ・年齢・性別問わず、誰でも応募可能。

応募方法

郵送、メールにて応募。

締め切り

2021年09月30日(木)必着

注意事項

採用の場合、応募プロット自体を映像化するということではございませんので、予めご了承ください。こちらから改めて提示させて頂くテーマを元に、新規でシナリオの開発をして頂くことになります。尚、新規で開発したシナリオの脚本料はお支払いをさせて頂きます。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:東映株式会社、映像制作会社ブースタープロジェクト
お問い合わせ先:ブースタープロジェクト(担当:石田/メール:scenario[a]booster-pro.com ※[a]を@に変えて送信)



同じカテゴリの他の公募情報を見る