株式会社KADOKAWA / 第11回 小説 野生時代新人賞[正賞 記念品 副賞として賞金100万円]

締め切り日を過ぎています

概要

株式会社KADOKAWA(東京都千代田区)では、「第11回 小説 野生時代新人賞」を開催、作品を募集中です。

〈趣旨〉
2003年に新装刊した「野性時代」は、おかげさまで今年15周年を迎えました。
これを機に、本誌の新人賞である野性時代フロンティア文学賞を、次回募集より「小説 野性時代 新人賞」と改称します。
1974年に創刊された伝統を踏まえ、本誌はこれからも、文芸誌としての役割を模索しつつ、皆様の期待に応えて参ります。
今後とも、「小説 野性時代」をよろしくお願い致します。

〈対象〉
広義のエンターテインメント小説。
恋愛、ミステリ、冒険、青春、歴史、時代、ファンタジーなど、ジャンルは問いません(ノンフィクション・論文・詩歌・絵本は除く)。

〈原稿枚数およびフォーマット〉
・400字詰め原稿用紙換算200枚から400枚の長編作品。手書き原稿不可。
・A4判に縦書き40字×40行。
・1枚目にタイトル/著者名/原稿枚数(400字詰め原稿用紙換算)、 2枚目に1200字以内のあらすじ/本名(ルビも)/著者名(ルビも)/生年月日/出身地/略歴/現住所/電話番号/メールアドレスを明記してください。
※タイトルとペンネームが判別しづらいケースがありますのでご注意ください。
・原稿には通し番号を入れてください。
・1作の応募につき、1枚の応募券(「小説 野性時代」2018年12月号~2019年9月号に掲載。コピー不可)が必要です。

〈選考委員〉
冲方 丁 (うぶかた とう)
辻村 深月 (つじむら みづき)
森見 登美彦 (もりみ とみひこ)

※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

正賞…記念品、副賞として賞金 100万円

応募方法

郵送、主催者ホームページの応募フォームより応募。

締め切り

2019年08月30日(金)必着。応募券は2019年9月6日(金)必着

結果発表

「小説 野性時代」2020年1月号…一次選考通過作発表。
「小説 野性時代」2020年2月号…二次選考通過作発表。
「小説 野性時代」2020年3月号…最終候補作発表。
「小説 野性時代」2020年5月号…最終選考結果を発表。
※受賞作品は2020年刊行予定。

注意事項

受賞作および候補作の出版権は株式会社KADOKAWAに帰属、出版に際しては規定の印税が支払われます。
雑誌掲載権、web上の掲載権、その他の二次的利用権は賞の規定により10年間、株式会社KADOKAWAに帰属。ただし、当該権利料は賞金に含まれます。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

株式会社KADOKAWA
Screenshot of awards.kadobun.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る