第9回 武井武雄記念 日本童画大賞(イルフビエンナーレ)作品募集[タブロー部門/大賞 賞金50万円]

締め切り日を過ぎています




概要

岡谷市(長野県)、イルフ童画館(公益財団法人おかや文化振興事業団・長野県岡谷市)では、「第9回 武井武雄記念 日本童画大賞(イルフビエンナーレ)」を開催、こちらではタブロー部門の作品募集についてご案内しています。

〈画題〉
“鳥”

〈応募規定〉
趣旨、画題に沿った“童画”(子どもの心にふれる絵)。
高校生以上(プロ、アマチュア問わず)のオリジナルの作品で一組2点以内、未発表のものに限る。

〈作品規格〉
平面で紙を主体(イラストボードは可)とし、パネル、ガラス、ダンボール、木枠付キャンバス等は不可。CG可。用紙はA2判(420×594㎜)で縦横不問、余白なし。作品の厚さは、台紙を含め5mm以下。額装不要。

〈出品料〉
1点 3,000円、2点 4,000円

〈審査員〉
根岸 芳郎(画家)
村井 美樹(女優)
山岸 吉郎(イルフ童画館館長)

賞の内容

大賞(1点・買い上げ)…賞状、賞金 50万円、記念品
優秀賞(信毎賞・1点・買い上げ)…賞状、賞金 20万円、記念品
審査員特別賞(3点・買い上げ)…賞状、賞金 5万円、記念品
入選(数点)…賞状、記念品
※副賞として、上位入賞者2組には翌年イルフ童画館で開催予定の「日本童画大賞 受賞者展」への出展の機会が与えられます。

参加資格・応募規定

高校生以上の方(プロ、アマチュア問わず)。
※一組2点以内。

応募方法

出品料振込後、応募用紙(事前提出用)を提出。
※出品料…1点 3,000円、2点 4,000円

締め切り

2017年12月10日(日)必着

結果発表

入賞者には審査会当日(2018年1月25日・木)本人に直接電話連絡後、文書で詳細を通知。

注意事項

作品の著作権は作家に帰属。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:岡谷市、イルフ童画館(公益財団法人おかや文化振興事業団)
共催:フレーベル館、信濃毎日新聞社、岡谷市教育委員会
後援:文化庁、長野県、長野県教育委員会、(公社)信濃教育会、(公財)八十二文化財団、(公財)信毎文化事業財団、絵本学会、信州・市民新聞グループ(7紙)、岡谷市美術会、中日新聞社、産経新聞長野支局、毎日新聞長野支局、長野日報社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、LCV、小学館、白泉社(MOE)、PHP研究所、有限会社冨山房
協賛:諏訪信用金庫、八十二銀行
http://www.ilf.jp/biennale/

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>