第9回 武井武雄記念 日本童画大賞(イルフビエンナーレ)作品募集[絵本部門/大賞 賞金50万円、作品出版]

締め切り日を過ぎています




概要

岡谷市(長野県)、イルフ童画館(公益財団法人おかや文化振興事業団・長野県岡谷市)では、「第9回 武井武雄記念 日本童画大賞(イルフビエンナーレ)」を開催、こちらでは絵本部門の作品募集についてご案内しています。
小学生および中学生を対象とした、こども絵本部門の作品も同時募集中です。

〈応募規定〉
高校生以上(プロ、アマチュア問わず)のオリジナルの作品で一組1点、未発表のものに限る。

〈作品サイズ〉
・原画:B3(515mm×364mm)以内、縦横不問。
・ダミー絵本(1部)…大きさ、形は自由。

〈ページ数〉
下記、1、2いずれでも可。見返し、奥付は自由。
1. 表紙 + 23ページ(表紙 + タイトルページ(扉)1ページ + 本文 11見開き)
2. 表紙 + 31ページ(表紙 + タイトルページ(扉)1ページ + 本文 15見開き)

〈出品料〉
4,000円

〈審査員〉
黒井 健(絵本作家)
竹迫 祐子(安曇野ちひろ美術館副館長)
木村 美幸(フレーベル館取締役)

賞の内容

大賞(1点)…賞状、賞金 50万円、記念品、フレーベル館より出版
優秀賞(諏訪しんきん賞・1点)…賞状、賞金 20万円、記念品
審査員特別賞(3点)…賞状、賞金 5万円、記念品
入選(数点)…賞状、記念品
※副賞として、上位入賞者2組には翌年イルフ童画館で開催予定の「日本童画大賞 受賞者展」への出展の機会が与えられます。

参加資格・応募規定

高校生以上の方(プロ、アマチュア問わず)。
※一組1点。

応募方法

出品料振込後、応募用紙(事前提出用)を提出。
※出品料:4,000円

締め切り

2017年12月10日(日)必着

結果発表

入賞者には審査会当日(2018年1月25日・木)本人に直接電話連絡後、文書で詳細を通知。

注意事項

作品の著作権は作家に帰属、入選作品の出版権は株式会社フレーベル館に帰属。
大賞作品出版時の初版印税は賞金に含まれます。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:岡谷市、イルフ童画館(公益財団法人おかや文化振興事業団)
共催:フレーベル館、信濃毎日新聞社、岡谷市教育委員会
後援:文化庁、長野県、長野県教育委員会、(公社)信濃教育会、(公財)八十二文化財団、(公財)信毎文化事業財団、絵本学会、信州・市民新聞グループ(7紙)、岡谷市美術会、中日新聞社、産経新聞長野支局、毎日新聞長野支局、長野日報社、NHK長野放送局、SBC信越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、LCV、小学館、白泉社(MOE)、PHP研究所、有限会社冨山房
協賛:諏訪信用金庫、八十二銀行
http://www.ilf.jp/biennale/

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>