第三回 尾崎放哉賞[賞金 10万円]

概要

自由律俳句結社「青穂」では、「第三回 尾崎放哉賞」を開催、作品を募集中です。

〈趣旨〉
「尾崎放哉賞」は、尾崎放哉の愛した自由律俳句の魅力を世に広め、多くの方々に親しんでいただくことを目的として自由律俳句を公募し、青穂の大会で表彰を行うものです。

「咳をしても一人」「こんなよい月を一人で見て寝る」等、自由律俳句の名作を残した尾崎放哉。
「尾崎放哉賞」は、小豆島の俳人、故 井上泰好氏の献身的な努力により長年続けられた「放哉賞」を受け継ぎ、このたび自由律俳句結社「青穂せいほ」が主催となって新たに創設されました。

また、第三回より春陽堂書店のご厚意により「春陽堂賞」も新設されました。
どうぞ ふるってご応募ください。
お待ちしております。

〈応募部門〉
・一般の部
・高校生の部

※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

〈一般の部〉
尾崎放哉大賞(1名)…賞状、賞金 10万円
春陽堂賞(1名)…賞状、賞状と賞金 5万円
優秀賞(5名)…賞状、賞金 1万円
入賞(10名)…賞状、QUOカード 3,000円分

〈高校生の部〉
最優秀賞(1名)…賞状、QUOカード 5,000円分
優秀賞(10名)…賞状、QUOカード 2,000円分
特別賞(5名)…愛媛県愛南町特産品
※俳人 夏井いつき氏の出身地 愛南町より提供

応募方法

郵送にて応募。
※投句料(二句一組で2,000円、高校生の部は無料 ※ただし2句まで)が必要です。

締め切り

2019年11月30日(土)必着

注意事項

応募作品および作者名の公表については尾崎放哉賞実行委員会にその権利が帰属するものとなります。

その他の詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:自由律俳句結社「青穂」
お問い合わせ先:尾崎放哉賞 事務局
Screenshot of www.hosai-seiho.net

同じカテゴリの他の公募情報を見る