HAPPY NEWS 2017[賞金 30万円]

締め切り日を過ぎています




概要

一般社団法人 日本新聞協会が運営する、日常を豊かにしてくれる「新聞のあるくらし」や「新聞の活用法」を発信するWebサイト「よんどく!」では、「HAPPY NEWS 2017」を開催、読んだ記事の切り抜き(記事を撮影した写真も可)とともに、記事を読んでのコメン卜(200−400字程度)を募集中です。

〈HAPPY NEWSとは〉
「HAPPY NEWSキャンペーン」では、新聞をめくって心が温かく、幸せな気持ちになったり、勇気が湧いてきたり、新しい発見があったりした新聞記事とそのコメントを寄せていただき、キラリと光る作品を毎年4月に表彰しています。
寄せられたものを厳選し、毎年、新聞をヨム日(4月6日)に合わせて、「HAPPY NEWS大賞」など入賞作品を発表するとともに、これらをまとめて「HAPPY NEWS(HAPPY新聞から改称)」として発行。
新聞がはこんだ、出合い、発見、感動、気づきなどが並んだ、1年の集大成です。
2004年度にスタートしたこのキャンペーンには、全国から累計10万を超えるコメントが記事とともに届きました。
HAPPY NEWSは、読むだけで元気になり、人生が豊かになり、社会も HAPPYになる。
新聞の中にある、あなたにとっての宝物を探してみてください。

〈応募対象〉
2017年3月1日〜2018年2月4日の新聞に掲載された、記事や写真・広告。

〈大学生のみなさん〉
・大学生の作品は、一般部門と大学生大賞(個人)の対象として審査します。
・ゼミやサークルなどグループ(2人以上)で応募した場合、作品は一般部門、大学生大賞(個人)の両方で審査され、応募したグループは、大学生大賞(グループ)の審査対象となります。
・大学名・学年、グループ名(グループ応募の場合)をお知らせください。

〈小中高生のみなさん〉
・親子やきょうだいなど、家族で取り組んでください。
・記事は同じものでも、家族それぞれ別のものでも、どちらでも結構です。
・家族応募の場合は必ず、作品を同じ封筒にまとめてお送りください。
・小中高校生個人での応募は受け付けていません。「いっしょに読もう!新聞コンクール」(締め切りは9月9日必着。詳細はNIEのウェブサイト参照)にご応募ください。

〈ゲスト審査員〉
小山 薫堂(放送作家・脚本家)
森本 千絵(アートディレクター)
山本 昌(元プロ野球選手・スポーツコメンテーター)
須田 亜香里(SKE48)

賞の内容

HAPPY NEWS 大賞(1件)…賞金 30万円
HAPPY NEWS賞 2017(10件程度)…賞金 2万円
大学生大賞(個人・3件)…賞金 10万円
大学生大賞(グループ・1件)…賞金 30万円
ゲスト審査員賞(数件)…賞金 5万円
家族賞(数件)…賞金 2万円

応募方法

郵送、メール、ホームページの応募フォームより応募。

締め切り

2018年02月05日(月)必着。
※2018年2月5日〜28日の紙面をもとにした作品は2月中も応募を受付

結果発表

2018年4月上旬…新聞紙面、公式ホームページ、「新聞をヨム日」関連の配布物にて。

注意事項

詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:一般社団法人 日本新聞協会
お問い合わせ先:同「HAPPY NEWS」係
http://www.yondoku.com/happynews/requirements/

同じカテゴリの他の公募情報を見る


<スポンサードリンク>