日本電気硝子株式会社 / 第26回 空間デザインコンペティション[賞金 100万円]




概要

日本電気硝子株式会社(滋賀県大津市)では、「第26回 空間デザインコンペティション」を開催、作品を募集中です。

〈課題〉
「2050年のガラス空間」
奇しくも2019年は、いまや古典となったSF映画の傑作『ブレードランナー』(1982年)、ならびに大友克洋の漫画『AKIRA』(1982-90年)が想定していた近未来の時間設定と一致している。
前者はそれまでの未来都市のイメージを刷新し、建築界にも大きな影響を与え、後者は二度目のオリンピックを翌年に控えた東京を舞台にしていたことから、現実を予言したことで改めて注目された。
つまり、われわれは当時、想像された30数年後の近未来をまさに生きている。
したがって、そのイメージが実現したこともあるだろうし、違ってしまったこともよくわかるだろう。
映画『ブレードランナー 2049』(2017年)は、30年後の続編として制作されたが、今回のコンペでも、現在からおよそ30年後の未来におけるガラスの空間を考えて欲しい。

身のまわりの半径30mとでもいうべき日常のリアリティを精緻に読みとくことばかりに意識を向けているうちに、われわれは未来への想像力が萎んでしまったのではないか。
その際、10年後でもなく、100年後でもなく、30年後を設定したのは、例えば、20代のうちに専門知識を学び、職業に就いたとして、現役のうちに見届けることが可能な射程だからである。
当然、現在とは異なる社会や技術を背景とした世界に変化しているだろう。
そのとき、いかなるガラスの空間が成立しうるか。
今回の課題では、普段の設計だと提案しにくいデザインに是非、挑戦して欲しい。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

最優秀賞(1点)…賞金 100万円
優秀賞(1点)…賞金 30万円
入選 (8点)…賞金 各5万円

応募方法

主催者ホームページの「応募者登録」ボタンより登録の上応募。
※WEBサイト「KENCHIKU」の会員登録が必要です。

締め切り

2019年10月07日(月)16:00まで

結果発表

審査の結果は応募者に通知するとともに、「新建築」2020年1月号にて発表。

注意事項

入賞作品の著作権は応募者に帰属しますが、入賞作品に対してその発表および雑誌等への掲載に関する優先的権利は主催者が保有するものとします。

その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:日本電気硝子株式会社
共催:電気硝子建材株式会社
協賛:株式会社 新建築社
お問い合わせ先:空間デザイン・コンペティション事務局(メール:info-sd-compe[a]kenchiku.co.jp ※[a]を@に変えて送信/TEL:03-5244-9335)
Screenshot of kenchiku.co.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る




【スポンサードリンク】