第3回 食とコミュニケーションエッセイコンテスト(FC-Science Award 2022)[賞金3万円]

概要

一般社団法人 食とコミュニケーション研究所(静岡県浜松市)では、「第3回 食とコミュニケーションエッセイコンテスト(FC-Science Award 2022)」を開催、作品を募集中です。
プロ・アマ・年齢・居住地問わず、誰でも応募が可能です。

〈主催者からのご案内〉
「食」と「コミュニケーション」にまつわるエッセイを募集します。
2020年度の第1回コンテストには80編,2021年度の第2回は350遍を超えるご応募を頂きました。
受賞作品は「笑顔のかたち」として食とコミュニケーション研究所出版会から出版しています。
2022年度の第3回コンテストから、実話を基に創作されたエッセイを募集することになりました。
実際に経験されたことから得られたこと、日頃思っていること、願いなど、当事者やその家族、社会が笑顔になる作品をお待ちしています。

〈テーマ〉
1)「食」をテーマに、実際に経験したこと、日頃思っていること、願いなど、当事者・家族・社会が笑顔になれるエッセイ。
2)「コミュケーション」をテーマに、実際に経験したこと、日頃思っていること、願いなど、当事者・家族・社会が笑顔になれるエッセイ。
※いずれかのテーマを選んでご応募ください。ただし、受賞作品は全ての中から選考されます。
※実話を基にしたエッセイとしてください。

〈文字数・形式〉
・タイトル:40字以内
・本文文字数:4,000字以内(タイトル含まず)
※本文は規定文字数を越えなければ、文字数が少ない作品も応募可能です。

〈応募規定〉
・応募作品は自作でかつ未発表の作品に限ります。本コンテスト以外へ同じ作品を応募された場合は既発表と判断し審査対象外といたします。
・商業利用について無契約の作品に限ります。
・1名につき1作品のみの応募とします。ただし、異なるテーマの場合は、それぞれ1作品ずつご応募可能です。
・18歳未満のご応募は、保護者の同意を得てください。
・受賞者には、12月末に大阪市で開催予定の授賞式への参加をお願いします。授賞式に係る費用は受賞者に負担いただきます。ただし、社会情勢等により授賞式を取り止める場合があります。
・応募に係る費用・審査に係る費用は不要です。
・応募作品に特定の人物や被写体が存在する場合、登場する人物が特定されないように配慮ください。登場人物や被写体等のプライバシーや個人情報に関して、当研究所は一切の責任を負いません。
・応募作品の登場人物に対する許諾は応募者が行うものとします。
・応募作品の著作権は応募と同時に当研究会に移転します。この点を理解した上でご応募ください。

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

最優秀賞(1作品)…副賞 盾、賞金3万円
優秀賞(1作品)…副賞 盾、賞金2万円
佳作(作品数は選考による)…副賞 盾、賞金1万円
※審査委員会からの推薦で上記以外の作品を表彰する場合があります。
※入賞全作品を食とコミュニケーション研究所出版会から出版します。

参加資格・応募規定

プロ・アマ・年齢・居住地問わず、誰でも応募が可能です。
※1名につき1作品のみの応募とします。ただし、異なるテーマの場合は、それぞれ1作品ずつご応募可能です。
※18歳未満の方は、保護者の同意を得てください。

応募方法

主催者ホームページの応募フォームより応募。
※郵送での応募は受付不可。

締め切り

2022年10月31日(月)必着

結果発表

〈結果発表〉
2022年12月初旬…最終候補作品となられた応募者様にご連絡します。
2022年12月10日頃…受賞作品決定 応募者様にご連絡します。
2022年12月24日…(当会HPで発表)

〈授賞式〉
2022年12月末 大阪市内 予定(変更の可能性があります)

注意事項

応募作品の著作権は応募と同時に主催者に移転します。この点を理解した上でご応募ください。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

一般社団法人 食とコミュニケーション研究所
Screenshot of fc-science.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る