竹田市 / 第9回 荒城の月短歌大会

概要

大分県竹田市では、「第9回 荒城の月短歌大会」を開催、作品を募集しています。
小学生以上の方であれば全国誰でも応募が可能です。
応募は9月2日(月)よりとなります。

〈主催者からのご案内〉
竹田市ゆかりの偉人・瀧廉太郎作曲「荒城の月」に代表されるように、古くから詩歌の息づく大分県竹田市。歴史・文化を大切に継承していく取組みの一環として、「第9回荒城の月短歌大会」を開催します。大会に先立ち、今を生きる短歌を広く募集します。

年々応募者数が増え、昨年は6000首を超える作品が集まるまでに成長した「荒城の月短歌大会」も今年で9回目を迎えます。

今回のテーマは「橋」です。
また、表彰を兼ねた短歌大会は令和2年3月14日(土)を予定しております。
大分県竹田市の新たな文化拠点「竹田市総合文化ホール グランツたけた」を会場に、選者の川野里子先生をお迎えしたユニークな短歌大会を企画中です。

皆さまのご応募お待ちしております。

〈テーマ〉
・題詠「橋」
・自由詠

〈応募内容〉
・作品は、自作で未発表のものに限ります。
・2つのテーマのうちどちらか、もしくは両方に応募できます。
・各テーマ、一人2首まで。
・題詠については必ず「橋」の文字を入れてください。
・読み方は問いません。

〈選者〉
川野 里子氏(歌人、竹田市出身)

※応募は9月2日(月)よりとなります。
※応募規約等の詳細については、ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

「一般の部」…テーマごとに最優秀賞1首・優秀賞2首・佳作10首
「高校生の部」…テーマごとに最優秀賞1首・優秀賞2首・佳作5首
「小中学生の部」…テーマごとに最優秀賞1首・優秀賞2首・佳作5首
角川『短歌』編集部賞(最優秀首より選考・1首)

参加資格・応募規定

小学生以上の方であれば、全国誰でも応募可能。
※各テーマ、一人2首まで。

応募方法

持参、郵送、ホームページの応募フォームより応募。
※応募は9月2日(月)よりとなります。

締め切り

2020年01月10日(金)必着

結果発表

入選作品は2020年2月中旬に竹田市役所ホームページ、竹田市広報誌3月号にて発表予定。
入選者に限り個別に通知。

注意事項

詳細はホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:大分県竹田市
後援:角川文化振興財団
Screenshot of www.taketa-city.com

同じカテゴリの他の公募情報を見る