公益社団法人教育文化協会│第18回「私の提言」募集[表彰盾、副賞20万円]

概要

公益社団法人教育文化協会(ILEC)、日本労働組合総連合会(いずれも東京都千代田区)では、第18回「私の提言」を開催、作品を募集中です。
誰でも応募が可能です。

〈「私の提言」とは〉
「私の提言」募集は、連合・初代事務局長である故・山田精吾氏の遺志を受けて創設された「山田精吾顕彰会の論文募集」事業を継承し、2004年より毎年実施しています。

〈募集テーマ〉
「コロナ禍を乗り越え、「働くことを軸とする安心社会-まもる・つなぐ・創り出す-」の実現に向けて連合・労働組合が今取り組むべきこと」
連合は結成30年を迎えた2019年に、中長期的な方針として連合ビジョン「働くことを軸とする安心社会-まもる・つなぐ・創り出す-」を策定しました(内容は連合のホームページ参照)。
また、コロナ禍で雇用と生活の不安が増す中、「新たな運動様式」への挑戦が求められています。
with/afterコロナ社会においても、すべての働く人にとって「必ずそばにいる存在」となり、連合ビジョンで掲げる社会を実現するために連合・労働組合が取り組むべきことは何か、具体的な提言を募集します。

〈提言のイメージ(一例)〉※この他のテーマでのご応募も大歓迎です!
・with/afterコロナ
・多様性
・労働組合の仲間の拡大
・貧困と格差
・持続可能な財政・社会保障
・労働組合の役割
・セーフティネット
・デジタル化
・ジェンダー平等
・地域社会
など

〈応募にあたって〉
・提言はオリジナルで未発表のものに限ります(新聞、雑誌、書籍、報告書などに発表されたものは 応募できません)。
・提言内容が分かる具体的な表題を必ず付けてください。

1)本文
・ページ設定はA4縦で、文章は日本語・横書きとしてください。
・字の大きさは11ポイントとしてください。
・ページ番号を下に付してください。
・字数は「6,000~8,000字程度」を目途に、「上限10,000字」とします(本文の最後に概ね何字 かを記入してください。図表分も字数に換算、出典の注記は、字数から除いてください)。
※規定のフォーマットのワードファイルは主催者ホームページからダウンロードしてください。
※上記の規定を著しく逸脱する場合は審査対象外となりますのでご注意ください。

2)図表・参考文献
・図表の下に出典を必ず明記してください。
・他の文献から引用する場合は、引用箇所にカギ括弧をつけ、通し番号を記し、最後に一括して出典 を注記してください。

その他

※応募規約等の詳細については、主催者ホームページなどでご確認ください。

賞の内容

優秀賞…表彰盾、副賞 20万円
佳作賞…賞状、副賞 10万円
奨励賞…賞状、副賞 3万円
学生特別賞 賞状、副賞 1月1万円の奨学金×12ヶ月

参加資格・応募規定

誰でも応募可能。
※学生の方、一般の方など、どなたからの応募も歓迎。
※組合員、 組合役職員、組合OBももちろん応募できます。

応募方法

主催者ホームページの応募フォームより応募。

締め切り

2021年07月26日(月)必着

結果発表

2021年9月28日(火)予定。

注意事項

入賞提言の著作権は日本労働組合総連合会(連合)に帰属。その他の詳細は主催者ホームページ等をご確認ください。

主催・お問い合わせ先

主催:公益社団法人教育文化協会(ILEC)、日本労働組合総連合会
お問い合わせ先:公益社団法人 教育文化協会 第18回「私の提言」募集係(電話:03-5295-5421)
Screenshot of www.rengo-ilec.or.jp

同じカテゴリの他の公募情報を見る